2017年7月28日金曜日

M-net 2017-07-28

3倍の量の仕事をどう処理するか

 今まで100の仕事をしていた部門がある。多くの人の協力でうまくいっていた。しかし、今回は300の仕事をしなければならなくなった・・・。単純に計算すると、3倍の人、エネルギーが必要となる。
さて、どうするか…?である。

 1)従来と同じ方法、やり方では限界があり、ムリである・・・と思う人
 2)思い切って新しい戦略を立案し、挑戦してみる・・・と考える人
 3)新しい戦略といっても簡単にはいいアイデアが生まれない・・・と悲観的になる人

1つの課題に関して、見方(道)はいくつもあると思う。
私は、従来の発想を捨て、原点にかえってシンプルに、そして時代を見てみると道はあると思う。
1つの方向からだけ考えるのではなく、多角的に考えたら面白いと思う。
この考えた事を具体的に実行していく事が新しいビジネスチャンスを生むことになる。


生情報と加工された情報

 A君は常に生情報を得て、それを活かしてビジネスをする。
 B君は生情報も使うが、加工された使いやすい加工情報を主に使って仕事をしている。

様々な情報がいっぱい出回っている。インターネットでは、あらゆる情報が手に入る時代である。生情報とは「自分の肌で感じる」「自分の目で直接見る」「当事者から直接聞く」など、他の人の手を経ないで得る一次情報と思う。
加工された情報とは「人から聞いた」「事実に自分の意見を加える」「新聞、TV、インターネットなど人の手の加わったものだと考える。

私達が一番欲しい情報は「活きた生情報」である。自分が外に出て、人と会う。足を使って、情報を得る。生情報が直接入るネットワークを持っている・・・など。
今は情報化時代と言われているが、活きた情報を得、それを活用できたら最高である。


一流、二流、三流

 先日、某社長と話をし、人間論になった。
一流と二流、三流の違いはどこにあるか?話に結論らしきものを得た。
 ・一流シンプルに、結果は数字で簡潔に
 ・二流はやろうとしている事ややった事をくどくどと説明する
 ・三流は、常に指示を待つ

一流でいきたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿