2013年4月28日日曜日

M-net 2013-04-28

360度思考
 普通、現象が起こると、目の前の事実は誰でも分かる。少し頭の働く人は、物事の前後、現状やその背景まで考える。一方、グローバルに活躍するトップリーダーのAさんは、物事を360度ぐるりと考えている。
 現状はどうか、原因として考えられることは?、対策はどうしたらいいか、とりまく環境はどうか?、相手の立場で考えたらどうか、これから先時代はどうなっていくか…ひとつの物事をあらゆる角度からよく考え決断を下していく。トップ層にいくほどひとつの判断が大きくなっていく。また、一流の人と幅広く付き合う機会も増えてくる。Aさんとまではいかなくとも、180度くらい物事を考えられるよう、日頃からトレーニングしたい。

Art in Management (経営に絵を活かす)
 GMCの特徴ある授業のひとつに、絵を使った“Art in Management”がある。なぜ「絵」なのか?ひとつはコミュニケーションの手段としての絵である。文章は読まなければならないが、絵を使えば、視覚的にぱっと見て分かる。また、言語の異なる相手とのコミュニケーションにも大変役立つ。
 そして、もうひとつは発想である。社会の急激な変化により、昨日の延長の考えが通用しなくなっている今、トップリーダーには新しい創造が求められる。イメージの力は発想を豊かにし、創造力を養うことができる。リーダーの皆さん、発想の転換に「絵」の勉強してみませんか?

ボクシング選手
 当社から、ボクシング選手が誕生した。中野和也くんである。彼は2010年に新卒で入社し、その後社員を辞めて、職人に転向。もともと学生時代からボクシングの世界で活躍しており、今は屋根職人として働いて生計を立てながら、ボクシングを続けているとのこと。社員、学生、職人、そして世界のリーダー・・・ 当社のベースは「人づくり」であるが、改めて多様な人材を育てていることを実感した。

2013年4月18日木曜日

M-net 2013-04-18

GMC第23期スタート
 4月16日、中国・武漢でGMC第23期がスタートした。世界のトップ大学から34名の学生たちが集結し、GMCとしての第一歩となる理念教育を2チームに分かれそれぞれ丸一日ずつおこなった。そこに魅力があればこそ、世界から素晴らしい人財が集まってくる。GMCもGlobal Management Collegeの名の通り、世界に広がる“頭脳ネットワーク”へと成長してきた。
◆出身大学
【中国】清華大・北京大・復旦大・武漢大・上海交通大・南京大・吉林大・四川大・山東大・ハルピン工業大・西安交通大・上海軍医大など
【海外】オックスフォード大・イギリスハル大・香港理工大・オーストラリアクイーンズランド大など

新・武漢事務所
 4月15日、当社の武漢分公司が、新しいビルへと移転した。社員数が100名を越え、従来の事務所が手狭になってしまったためだ。新しい事務所は1000平米(約300坪)もあって、とても広い。CG部門、プロジェクト部門、GMC部門、職前訓練部門などすべての部門が同じフロアにあり、加えて大中小の会議室もある。事務所そのものは質素だが、活気にあふれ、“人づくりをしている”という雰囲気を感じる良い事務所である。人づくりの中心拠点として、大きく発展してくれることを期待しています。
【住所】武漢市洪山区珞珈山路19号高科技産業(中科開物)22層02室
【TEL】 +86-27-87164705(代表) 【FAX】 +86-27-87161263(代表)

2013年4月8日月曜日

M-net 2013-04-08

“異能”の活用
 組織を活き活きとさせる一番の方法は、異質なものを入れて刺激を与えることである。今、当社では中国からやってきた2つの“異能”が、周りに大きな影響を与えている。

【1】 頭脳(大手流通業A社に出向)
① A社の誰よりも勤勉に働く
  自主申請して平日残業+土曜出勤。
  課題プレゼンに向け圧倒的な事前準備。
  膨大な資料を用意し、人事最高責任者から大きな拍手。

② 人を巻き込むコミュニケーション力
  毎回違う席に座りいろいろな人に声をかける。
  積極的に相手に歩み寄り、
  コミュニケーションを図ってファンを増やす。

③ ライバルは超一流コンサル
  彼らの隣で働くのは知識・経験豊富なエリート。
 しかし、若くて経験が少なくても、
  相手の立場を考えた一歩先の提案を提出。
  ⇒ 情熱+相手目線の行動で確固たる信頼を得ている。


【2】職人
① ヘッドライトで夜間工事
② 雨でも現場待機
③ 猛烈な向上心
  ⇒日本人職人の闘争心に火をつけ、
   中国人職人の成長との相乗効果で売上が急増。