2015年1月28日水曜日

M-net 2015-01-28

1月の言葉
 日々、身の周りで色々な事が起こる。良い事も悪い事も、様々な出来事の中から、1ヶ月間で特に心に残ったもの3つをまとめてみた。
【1】マナー
 「マナー」は相手の事を思いやる心から始まる。自分目線、自分の価値観だけでは、相手の気持ちに気づく事さえできない。普段の何気ない自分の行動はどうだろう?相手の立場に立って行動していますか?
【2】気づき・勇気
 相手の誤りに気づいた時、勇気を持って注意できるだろうか?せめて社員同士ではお互いに何でも言い合える関係を築き、皆で成長する会社でありたい。
【3】報告・連絡・相談(コミュニケーション)
 報告:頼まれたことが終わったら、必ず報告。依頼主は、その後どうなったか気にしている。
 連絡:日頃から情報の共有ができていると、チームワークもスムーズ。
 相談:自分では最良な判断だと思って行動しても、全体からみると判断が違うことは少なくない。上司に答えを求めよということではない。自分なりの意見・考えをもって相談し行動したらベストである。

ボランティア②
前号のM-netに続き、ベトナム・マイスター学校にもう一人、新しい先生が来てくださった。シニアボランティアの石村さんである。 日本の大手メーカーに勤務し、定年退職後、ボランティア活動をおこなっているとのこと。1ヶ月間ベトナムに滞在し、モノづくりの精神や基本的な仕事の考え方を生徒たちに指導してくださっている。 社会の役に立ちたいと願い、チャンスを求める人たちがたくさんいる。ご協力、心から感謝いたします。

働く場はグローバルに
 先日、ある会社に中国での一大プロジェクトの全体戦略を提案した。この日のために中国から2人の社員もやってきて、日本の社員と白熱した議論を交わしながら、ひとつのものをつくりあげた。国を行き来し、グローバルに仕事をする時代がやってきている。

2015年1月18日日曜日

M-net 2015-01-18

「幹太経営」 万克徳11期経営方針
幹太経営…人づくりと挑戦
1.基礎、基本(ブレない本質)
2.結果(数字)を出す
3.自ら育ち、人を育てる人に
 中国は1月から新年度がスタートする。全社員が武漢に集まり、経営方針の発表があった。昨年1年間貢献した個人、部門の表彰も行われた。日本、アジア、中国の社会や経済の変化に伴い、中国も自らを見つめなおし、変化に対応できる組織や社員が求められる。社員一人一人が、基本方針のもと力を合わせ、もうひとまわり大きな幹を育ててほしいと思う。

ボランティア①
 今、ベトナム「マイスター学校」で日本語をボランティアで教えてくれている若者、前田君がいる。大学の学部生にも教えているためかなりハードなスケジュールだが、本人は「学ぶことが多い」と笑顔。昼夜問わず指導に取り組んでいる。篤志を持ち行動してくれた前田君、ありがとうございます。マイスターの更なる成長と彼自身の変化を期待しています。

言葉より「絵」
 グローバル化がすすみ、当社でも海外から来た社員が増えている。一緒に仕事をしていると、価値観や育ってきた環境の違いからいろいろな問題が起こる。指導しようにも、言葉が十分でなくなかなか伝わらない…。
 そこで、分かりやすく絵を使ったポスターをつくってみたところ、今までの苦労がウソのように、ピタッと問題が解決してしまった。コミュニケーションの方法は言葉だけとは限らない。相手に“伝わる”ためには、絵や写真などのビジュアルが多いに役立つ。

2015年1月8日木曜日

M-net 2015-01-08

南富士“グローバル”新年会
 1月5、6日、日本の全社員総勢100名が集まり、新年会をおこなった。今回は、日本人だけでなくさまざまな国の社員も参加した。それぞれ文化や言葉が異なる仲間が一同に集い、「国際化」を肌で感じる機会となった。

中国…7名 / インドネシア…2名 / ベトナム…9名

 今年の方針は「幹」である。枝葉のテクニックを広げていくことでなく、基本となる「幹」を太く育てていくことが、結果として大きく成長するポイントであると思う。会社の「幹」、一人一人の「幹」をしっかり育み、どっしりとした成長力あふれる大樹をめざしていきたい。