2016年12月28日水曜日

M-net2016-12-28

現状維持は衰退
 
 南富士も国の内外で様々な事業を展開している。
 計画を立て実践しているが、問題が発生したり、まさかが起きたりして計画通りには仕事が進まない場合が多いが、大きな目標を見失わず諦めなければ目標は実現できる。
 一方、事業予測と実績で仕事がスムーズに進んでいると、どうしても新しい事には挑戦しないで現状維持で頑張ろうと思うが、これは衰退の第一歩である。
 いつも「創造」と「挑戦」する心を失わず前向きに生きていきたい。
 2016年の終わりにあたり、一年間で何を考え、何をしたかを問い、2017年を迎えたい。


インドネシア(ジャカルタ)で初の屋根工事

日本国内以外で初の屋根工事に挑戦している。
 インドネシアの首都ジャカルタで一棟のモデルハウスの屋根工事を請け負っている。
 現地の材料を使い、10年間雨漏りしない施工を行っているのである。
 日本から材料を持っていくと関税がかかりコストUP。ジャカルタでは新築でも雨漏りが当たり前のお国柄。屋根施工する職人もいない…。
 こんな状況の中、当社の「技術力」「ノウハウ」「職人の育成力」そして「1ヶ月1000棟の実績」が認められてのスタートである。
 実際に担当しているS君は「雨漏りしない施工法、下地づくり」「屋根材料の選定」「価格交渉」「働く人の安全や教育、マナー」そして「ハウスメーカーA社との交渉」と一人5役ですばらしい実績を作ってくれた。これを手始めにアジアの国々でも雨漏りしない屋根工事の道が拓けるかもしれない…。持っていくものは「知恵」「技術」「ノウハウ」「実績」で税金もかからず、現地の人達に雇用のチャンスもある。
 考えてみるとジャカルタで営業活動をした訳ではなく、インドネシアに奨学金を出しておりそれが今回の新規事業に繋がった。
 「種をまくと芽が出る」を実感できた。これからの事業展開をどう進めるかである。

2016年12月18日日曜日

M-net2016-12-18

実践から見た2つのリーダータイプ

 
 12月は様々なリーダーとお会いする事が実に多かった。その中でリーダーには2つのタイプがあると思った。

 A  対応タイプ
   ・常に待ちで、自主的には動かず指示を待っている。
   ・目先対応で問題意識は薄い。現状で良いと思っている。
   ・頑張る。一所懸命で、目的と手段が見えない。
   ・失敗を恐れ、上手く行かないとすぐに逃げる。諦める。そして多弁。

 B  仕掛けタイプ
   ・ブレない基本方針(1、2、3)を持ち、今何が大切か、何をすべきか知っている。
   ・思いがありそれが行動や結果に表れている。
   ・人だけでなくシステム、仕掛け、ITなどを組み合わせている。
   ・100の議論より1つの実践。実践を通してそこから新しい道を拓いていく。





 Bタイプで「戦略的に生きていきたい」と思った。


コミュニケーション
 
 コミュニケーションをどう取るかA君と話した。
 A君曰く「言葉では話したことの7%しか伝わらない」「赤ちゃんのようにお腹が空いた、具合が悪い、おしっこが出て気持ち良くない時泣いて自分の意思表示をする…。ボディーランゲージであり、55%が伝わる」との事。
 何かを伝えようとする時、言葉ではなく行動や動作を見せる事で人は理解する。「言っている事よりもやっている事をよーく見ていて理解し判断する」。
 コミュニケーションは非常に大切であるが言葉だけではほんの少ししか伝わらない。絵とか写真とかグラフとか資料を活用したり、目には見えない「思い」を持って人と接したりする事で自分の意思が伝わる事が多い。多弁は不要であり、言葉はすべてではない。

 

ユダヤ人はなぜすごいか?
 
 ユダヤ人について少し本を読んでみた。
 ユダヤ人は生まれて物心ついた小さな頃からユダヤ教の聖書を繰り返し読み知識をドンドン増やしていく。ユダヤの歴史を見ても5400年で、西暦2016の倍以上である。そして大人になった時、世界中で様々な事に挑戦し、成功も失敗もあるが失敗から学ぶ事で知恵を身に付けていく。「読書による知識」と「体験による知恵」の両輪を持つ事で成長していく民族である…と書かれていた。
 「すごい」と言うか「素晴らしい」民族であると思った。
 私たちも、この不透明な時代をユダヤ人のように書物や先輩から学ぶ知識と様々な体験を通して学ぶ知恵の2つを持って新しい事に挑戦して道を切り拓いていきたい。

2016年12月8日木曜日

M-net2016-12-08

南富士の屋根工事事業
 
 当社の屋根工事は1974年にスタートした。実に52年の実績がある。
 今アジアの国から屋根工事の依頼がある。アジア諸国では新築でも雨漏りが常識であり、日本のように10年、20年保証は考えられない。
 20年間雨漏りしない施工技術職人の育成管理システムのノウハウと実績は世界(アジア)に誇れる技術である事を実感できる。社員、職人さん達、ドライバーさん達の協力のお陰である。
 世界に向かって自信誇り、そして責任を持って仕事が出来る。
 日本一の屋根・外壁工事の品質No.1施工量No.1を伸ばして行きたい。


「基本」と「挑戦」
 
 先日ある若者と、若者の就労支援をしている方が当社見学にお越しくださった。「屋根工事業」のイメージが湧かず、一度見てみたいという事だった。

 会社全体の話から始まり、屋根外壁事業、教育制度、誇りある職人さんの仕事を話すにうちに、みるみる2人の表情が変わり最後は「こんなに素晴らしい会社とは知りませんでした…感動しました…」。
 就労支援員の方曰く、「私の家は瓦屋根で、葺き替えの営業が頻繁に来ます。瓦屋根が減った今、瓦屋根しか出来ない工事屋さんは生き残りが大変なようです。正直なところ、南富士の“屋根外壁工事業”と聞き、ニッチな業界の将来性が分かりませんでした。しかし、時代に応じて会社と職人さんが一丸となって挑戦・変化していける南富士はとても強いし、そんな会社にいれば安心です。教育もしっかりしており、“基本”があればどこでも仕事ができる。本当に素晴らしい…」。
若者は「正直、建築業界って怖い印象でした。でも来てみたら全然違う。職人さんの仕事、すごく面白そうです!」。
 最後に社内を案内しアウトソーシング部門もご覧に頂いたところ、海外と仕事をし毎月9000棟もやっていると聞いた2人はこれまたびっくり。「また若者を連れてきます」と、笑顔でお帰り頂いた。
 「どんな時代が来ても対応できる会社」を目指し、“基本”を重んじ常に“挑戦”をして来た。そんな会社の根幹を評価頂けた事は大変嬉しく、若者にも魅力を知ってもらう機会をつくって行きたい。