2008年2月28日木曜日

M-net 2008-02-28

ある日本の学生

海外で企業の改革に挑戦をしたいという学生A君に、GMCの教育を行った。
人間力、管理力、創造力、と言う基礎教育と、Art in Managementと言う絵の勉強である。
授業を始めると、気になる事がある。
まず、態度が悪い。あいづちも返事も横柄で、人を不愉快にさせている。これは初対面の時にも注意したが、本人はあまり気づいていないようだ。リーダーは“才”より“徳”で周囲の人をひきつける魅力が必要であるが、これでは論外である。周りの人に悪い印象を与えては、上司の信頼も得られないし、海外で良い仲間づくりも出来ない。
そして絵の授業を終えて「自分の夢、目標」と言う課題で絵を描いてもらった。すると、「将来はこんな風になりたい」も、「今回のプロジェクトでこんな事を身に付けたい」もなく、個人の趣味などの内容だけで意欲も感じられず、多角的な視点もない。通常ならこれで十分であるが、今はこれから海外でリーダーになる人向けの経営の勉強をしている時である。今この状況で、自分が求められている役割を理解していないし、自己中心で客観的な視点がない。「こんな人に大きな仕事を任せられないと思われてしまうかも…」と感じないのだろうか?挑戦力に期待していただけに、残念である。
中国のGMCで同じ授業をすると、各々が色んな夢と現状を描き出し、「将来はこんな風になって、自分も人を育てられるような人になりたい」「こんな風に社会に影響を与えたい」「自分の長期、中期目標はこれで、今こんな能力が不足しているのでこうやって成長したい」等々、目を輝かせて語りだす。
この差は何なのか…。考えさせられた。


木へのこだわり

日本の材木を生かし、合理的なオリジナル工法で木造住宅を手がけているN社の社長さんにお会いした。70歳代半ばの方である。
木について語りだすと「山の事を考えて家作りをしたい」「日本の森林を蘇らせたい」と子供のように目をキラキラさせながら何時間も話が尽きない。事務所にもお伺いしたが、内装は床から天井まで様々な材木で出来ており、木への相当な思いとこだわりが感じられる。このこだわりから今、海外からも様々な引き合いが来ているとの事。
成功の秘訣は「好きになるか信じるか」。あなたは仕事にこの位のこだわりと情熱を持っていますか?


新刊本『デキる社員』

明日2月29日(金)に、新刊本『デキる社員』が出版される。
これは、このM-net(頭の活性化マガジン)を見た出版社の方が、「これは面白い!普通の本は総論が多いが、これは全て実話に基づいていて、全ての話に登場人物がいて、ドラマがある。これを元に本を作りたい」との事で作った本である。
新入社員や若手の教育用に、またご自身の勉強に、役立てて頂ければ幸いです。


2008年2月18日月曜日

M-net 2008-02-18

職人新年会
当社の総合外装事業部(屋根・外壁工事部門)の現場で働く職人さんの新年会と職方研修会が2月17日(日)、箱根の温泉で行われた。参加者170名。日頃の感謝と慰労、そして勉強会である。
勉強会では、

1.大きな社会の変化      ・少子高齢化社会
                   ・グローバル化(国際化)社会
2.今起きている社会現象   ・資源高
                   ・コンプライアンス(法令順守)
                   ・ワーキングプア(二極化)
                   ・円高、株安
                   ・環境対応
3.従来のやり方をchange  ・クレーム、ミス0
                   ・効率の良い仕事、コストダウン
                   ・新しい事への挑戦
                   ・社員、職人の役割分担
                   ・勉強や情報の必要性

について話をさせて頂いた。
 大きな変化を知りつつも、厳しい現実は出来る限り避けたい・・・。
 自己中心の作業中心で、あとは会社が何とかしてくれる・・・。
 変化と自分とのギャップを感じ、焦っている・・・。
 会社があって自分達(職人)があるので、積極的に協力したい・・・。 感じ方は様々である。


職人表彰

積極的に業務に協力し、高い技術と模範となる職人さん7人を表彰した。表彰されたAさんは、自分の作業した現場の片付けや清掃だけでなく、往復の移動時間を有効活用し、他の現場の後片付けや残材の持ち帰りもやっている。仕事が減っていく中で、自分が出来る事は何でもやるという積極的な姿勢で取り組んでいる。すばらしい職人さん達のお陰で当社の施工は成り立っていると実感した。


2008年2月8日金曜日

M-net 2008-02-08

M-net 8周年

2000年2月8日にM-net(頭の活性化マガジン)の第1号を書いてから丸8年になった。書く事がなかったり、海外にいたり・・・。継続する事はなかなかエネルギーのいる事だと実感している。
新しい事を始めるのは大変である。しかし、それをやめるのは始める以上に決断やエネルギーが必要である。でもよく考えてみると、1つの事を継続する事が一番大変なのかも知れない。継続は力なりと言うが・・・、まさしく知力、体力等の力(パワー)が必要であるし、それを継続する事が1つの力(実力)となる・・・。
M-netは頭で書くのではなく、起きている事実を正しく書こうとしている。必ずそこに人がいて、ドラマがあって、その後どうなっただろう・・・?そして○○君は誰だろう?と読む人も興味を持てるように・・・。まだまだ力不足や表現力不足で上手く書けていない事が多く、反省の日々である。8年は長いようでもあり、短いようでもある。考え方、とらえ方次第である。



選択と集中

多くの情報や現実の中で、どれを選択したら良いのか?そして限られた時間や費用の中でどこに集中したら良いのか?
情報が氾濫し、社会が激動する今、「選択と集中」が強く求められている。「選択と集中」は言葉を換えると「決断と実行」と言う事でもある。M-net8周年を振り返って、私なりの「決断と実行(挑戦)」を参考に記してみたい。

・正しい情報(良い情報でなく、悪い情報が必要。)
・洞察力(本物とニセモノの区別。)(将来から今を見通す。)
「決断」    ・勇気(自分の見たモノ、感じた事で判断する。)
                    (自信がないと・・・検討します。)
・スピード(時を味方にする。)(余分なものを捨てる。)
・目線(自分の目線だけでなく、相手の目線でも。)
 
・夢や最終目標を持ってそこに挑戦。
・挑戦には失敗はつきもの。失敗を恐れない。
「実行」(挑戦)  ・思う、考える、言うのではなく、「する」。
・評論家でなく、常に当事者として。
・必ず結果(数字)を出す。

自分の今やっている仕事や業務を一度見直し、何を捨て、何に力を入れるべきか?余分なものを捨てれば、その分新しいものが入ってくる。忙しい、忙しいではなく、ムダを捨て、一番大切な事は何か・・・。まさしく選択と集中である。力がなければない程、一点に集中し、突破力を身に付け、自分に自信を付けたい。