2018年7月28日土曜日

M-net 2018-07-28


講演会(セミナー)

 テーマは「グローバル化と日本の中小企業の将来性」で「アジア人材育成と活用事業の実践」を話して下さいとの内容であった。中小企業の経営者や弁護士、大学の教授、NPOの責任者、ベトナムやフィリピン人、IT経営者、デザイナーなど様々な人々…。
1時間30分の話、30分位の質疑応答。

話の内容は「社会の動き」「日本の魅力」「真の国際化とは」「アジア各国の現状」「ベトナムMeister」そして「人材は投資であり、企業差は人材の差である」と結論づけた。ラストに「アジア、日本で企業として勝ち残る道」について参考までに私見を述べた。

 あまり反応がないと思い気楽に話したが、質疑で的確な質問が数多く、東京でのセミナーはさすがレベルが高いとビックリした。
質疑応答では、
3ヶ月で日本語N4は信じ難い。ポイントは?」→夢と教えない教育 / 「何を契機にここまでの人づくりを始めたか」→金でなく人を残す。夢のある会社づくり / 「TeachでなくLearn」に大反響 / 「IT人材は?」…

 ラストは参加者のK教授の総括、「杉山さんに大変共感」。
①中国巨大市場を考えないのは間違い
②人材を自己資本とした会社が成長
③日本の魅力はマネジメントとものづくり…
 多くの質問には、ズバリ本質的な指摘と回答をし、実践を通した話の内容に多くの出席者の賛同を頂いた。公的資金を一切使わないアジア、中国での人づくりの43年は大変重いものがあるとつくづく思った。何事も大きな目標()と、それを実践する為の挑戦、ドラマは多くの人をファン化させると同時に、身の引き締まる思いである。多くの参加者がセミナー終了と同時に名刺交換やチャンスを求めてきた。


インバウンド(訪日外国人)

 久しぶりに東京の浜松町(以前の東京事務所があった所)に所用で行き、昼食時間となったのでランチを知っているインドカレーの店で食べようと店に入った。
オーナーがおり、「久しぶりですネ」と雑談をし、「ビジネスの方はいかがですか?」と質問してみた。オーナー曰く、インバウンドのお陰で1回転が3回転(つまり売上が以前の3倍)となり、インバウンド様々です…、と笑顔であった。
東京では、駅でも電車の中でも街の中でも、外国人の姿が非常に多く見られる…。こんな効果が日本の経済を支えていると実感した。


2018年7月18日水曜日

M-net 2018-07-18


人間の器

 今、大きな仕事が舞い込んできている。
  1.Meister120名採用の企業
  2.某大学病院との海外業務の支援、提携
  3.中国・アジアにおける、本業の屋根工事での海外事業展開
  4.日本のトップ大学との人材育成の連携
  5.介護Meisterのスタート  など

 前例のない仕事やプロジェクトを企画、立案し、事業スタートにもっていく為には様々な課題が発生する。想定外は勿論のこと、大きな問題や小さなことまで…。この時、どう対応するかの問題よりは、担当者や責任者の「人としての器」の力量で決まってしまう。
小さな器では、自分よりも大きな課題は解決できない。
大きな器では、具体的な解決方法まで行かないで、総論で終わってしまうような気がする。
魅力あるビジネスやプロジェクトは人がついてくるし、人を巻き込むことが出来る。何よりも社会性があれば社会が応援してくれる…。信頼があり、安心感があって、ワクワクする提案ならば多くの人の賛同も得られる。
アジは鯛にはなれないけれど、アジはアジとしての最大限の魅力を出し、また鯛は鯛としての自覚と責任を持つ事が求められている。固定概念や今までの常識を捨て、自らの器を大きくしたい。時代が大きく変化している今は、そのチャンスである。
 新しい事に挑戦している人は、成功するだけでなく、人間としての器も一回り大きくして欲しい。そうする事によって、また新しいチャンスが回ってくると確信している。会社もまた同じである。


酷暑の中で

 今年の夏は非常に暑い。
ベトナムに行っても連日3839℃、名古屋に行っても3536℃、東京でも3335℃。中国でも暑いが、40℃は超えない。40℃を超えると、学校も役所も休みになる…。40℃以上あっても、39℃と発表する。
災害で被災した西日本の方々には言葉もない…。
 当社の本業である屋根工事の職人さん達は、この炎天下のなか連日働いて下さっている。頭が下がる思いである。「日中は休み、朝夕頑張って下さい…」と言うしかない。今年も何回かエネルギー補給をさせて頂く。特にルーフマイスターの皆さん、炎天下で日射病にかからないよう健康管理に万全を尽くして仕事をして下さい。最大の難所です。


2018年7月8日日曜日

M-net 2018-07-08


3年後の私の夢

 先日、総合外装事業部の所長に、3年後の自分の夢、営業所の夢を書いて頂いた。
まず夢や目標があって、それを実現する為にさまざまな方法を持って挑戦し結果を出す事を認識頂いた。挑戦してうまくいく場合もあれば、うまくいかない場合もあるが、要は行動(挑戦)しなければ何も生まれない。事務所や机上で何を考えてもダメである。考えた事、思った事、気づいた事を実践する以外に道は拓けない。
夢を実現する為には、社員、職人さん達に協力してもらわなければ一人では何も出来ない。その為にはステイクホルダー(関連する人々)とコミュニケーションを取らなければダメである。コミュニケーションも思うだけではダメなので、7月をコミュニケーション(面談)月間とした。一人ひとりと話し、思いを伝え、そして相手の考えを聞き、魅力ある城(営業所)としたい。


介護マイスター

 今、日本では介護人材の不足が叫ばれ、大きな社会問題となっている。
介護して欲しい人はドンドン増えているのに…。
少しでもお役に立てればと思い、ベトナムの2つの医療系大学と提携して9月頃より介護マイスターを始める予定である。

 ・なぜベトナムか
  ベトナム人は思いやり、親切、家族を大切にする

 ・介護とは
  家族のように愛情を持って接する

 ・マイスターとは
  四年制医療系大卒で日本語(N4)。高度人材として。
  日本文化、日本の介護を少し学び、介護リーダーとして養成する。
  3ヶ月で無料育成。