2015年6月28日日曜日

M-net 2015-06-28

ビデオレター
 こんにちは。私の名前はThu Ha、23歳です。南富士ベトナムプロジェクトの責任者をしています。ですが、私の夢はベトナムだけではありません。アジアのリーダーになり、全アジア発展のため、自分自身を成長させて行く事が私の目標です。
 私は偶然、南富士を知りました。杉山会長に初めてお会いしたのはGMCに応募した時です。会長との面接で、私は喋りすぎてしまいました。会長は仰いました。「目が2つ、耳が2つ、口は1つ。だから、よく見て、よく聞いて、よく考えなさい。多弁は不要です。」正直なところ、私はショックでした。これまで誰一人として、そんな事を言ってくれる人はいませんでした。
 もちろん、一度目の面接は不合格でした。でも、その瞬間から「杉山会長について行きたい」「南富士のために働きたい」と思いました。だから、もう一度応募しました。2度目の面接で、私は晴れて合格することができました。
 南富士では“両方”のことができます。「人づくり」と「ビジネス」です。「教育」と「収益を生む」ことです。南富士を選んだ理由は「人を育てる」「アジアを育てる」という、同じ夢を持っていたからです。そして、自分の成長だけでなく、アジアの発展のために、私自身を成長させられるチャンスだからです。南富士に入って一番学んだことは「絶対的な信頼」です。信頼はどんな繋がりにおいても、ビジネスにおいても全ての基盤となります。私を見てください。私は23歳です。大学を卒業したばかりで、経験もありません。でも今、私はベトナムで多くのプロジェクトを任せていただき、たくさんのチャンスをいただいています。そして南富士を、南富士のビジネスを心から信じています。南富士の皆さんが私を心から信じてくれる事は、私に大きなパワーとエネルギーを与えてくれます。毎日、私を成長させてくれます。
 日本の生活はベトナムよりも平穏で便利だと思います。でも、便利さや自分のために生きる人生が素晴らしい人生だとは思いません。「挑戦」「チャンス」に満ち溢れた人生が、素晴らしい人生です。南富士では、そんな素晴らしい人生を送ることができます。
 私一人、あなた一人だけでは、大きな変化は生み出せません。でも、私たちが協力し合えば、アジアの人材を育てることができ、アジアを一緒に発展させていくことができます。あなたの挑戦を待っています。そして将来、南富士で一緒に働けることを願っています。

東京都基幹管理職(部長、課長)研修
◇2015.6.26 南富士三島本部(参加者25名) 9:30~12:00
 日本の47都道府県のトップであり、日本の首都である東京都のエリート幹部職員を研修させて頂いた。トップの行動力、発想力、リーダーシップなどを直接学び、都政運営の大局観や経営センスを体得し、新たな発想や気づきを得る為に…。まず部下に30分夢(部局の方針、将来展望など)を語れますか?…からアジア、人づくり、リーダーの役割など持論を展開させて頂いた。

2015年6月18日木曜日

M-net 2015-06-18

マイスター新クラス スタート(4期、5期、Special)
 6月15日、マイスタースクールで新しく3つのコースがスタートし、開始セレモニーを行った。93名の応募者から36名を厳選。日本で正社員として働くための3ヶ月間の教育がスタートする。

◆ 第4期生 (11名) ◆ 第5期生(16名) ◆ スペシャルコース(9名)

(6/16~教育スタート。日本語基礎OK)
(9月中旬~。まず日本語基礎を自習)
(8/1~。各学部の優秀学生)

教育の本質
 ベトナムであるビジネスをスタートしたがなかなかうまくいかない。そこで、日本の社員に1週間ベトナムで指導をしてもらった。
「当初、技術を指導するつもりでしたが、それよりも大切なものに気づきました。
① How to THINK …自分で考えること、感謝の心
② How to SEE …相手目線、意図・本質をつかむこと
③ How to DO …技術
 国境を越えて教えるという立場を与えられたものの、どう伝えたらいいのか、どうしたら伝わるのか、なぜ伝わらないのか、何を伝えるべきか… 最初はとても戸惑いましたが、結局は“人の言うことではなく行動を見ている”というシンプルな答えにたどり着きました。絵や文字だけで説明するのでなく、身振り手振り、食事時の振る舞い、掃除…。今の私は先生でも上司でもなく、対等なパートナーとして信頼関係を築いた仲間です。互いを尊重しよりよい環境をつくりあげていきます。貴重なチャンスと、皆様のご協力に感謝しています。」

 笑顔と自信にあふれ、活き活きした表情で話してくれたSさん。言葉も十分に通じない相手に全力で向き合い、自分の頭で考えるという経験が彼女を大きく成長させたように思う。これからの活躍・発展に期待しています。

2015年6月8日月曜日

M-net 2015-06-08

VTV4 (ベトナム国際放送)
 ベトナムのインターナショナルなテレビチャンネル「VTV4」で、2つの人材育成「GMC」と「マイスター」を紹介していただいた。当初はGMCセミナーの取材のみを予定していたが、ディレクターがマイスターにも興味を持ってくれ、わざわざマイスターSchoolにまで取材に来てくださった。
「人づくり」に対するベトナムの人々の高い関心と期待の大きさ…改めて背筋を伸ばして取り組んでいきたい。興味のある方はぜひYouTubeで見てみてください。
https://youtu.be/0iS7QN8MDhY

職人安全大会
 当社では毎年、職人さんを集めて「安全大会」をおこなっている。日頃油断しがちな安全に対して注意喚起をするほか、全員が健康診断を受診する。身体が資本の職人さんにとって、事故なく健康であることはすべての基本である。会社としてできることをし、職人さんを大切にしていきたい。
 

新規事業
 何か新しいことを始めるとき、中心人物の「思い」「情熱」「エネルギー」「責任感」「実践力」などが、成功と失敗の分かれ道となる。リーダーに迫力もなく、スピード感もなく、明確な目標もなければ、どんなに人柄は良くても失敗の道へと入ってしまう。
 周りの人や部下は、リーダーの言っている言葉や指示でなく、やっている行動を見ている。軽い気持ちで仕事をしていると、全体が軽くなり、責任感がどこかへいってしまい、言われたことをただやるだけになってしまう。こんな場合、従来のやり方では状況を変えることは難しい。新しい風を入れて全員の気持ちをチェンジしなければ変化は起きない。
 リーダーの責任は重い。新しい事業はさまざまな問題点はあるが、新しい道を切り拓くことによってリーダーは自信となり、また部下はチャンスを活かし自分が成長できるし、自分の隠れた潜在能力の発見にもなる。新しいことに進んで挑戦する人生でありたい。