2019年4月18日木曜日

M-net 2019-04-18


 カンボジア 

 アンコールワットで有名な東南アジアの一国で、新たな人づくりが始まろうとしている。
 人口約1600万人、仏教国。首都プノンペンは近年急速な発展を遂げ“遺跡の国”のイメージを覆される。初めて訪れ、トップ大学の学長達にお会いさせて頂いた。

「学生の視野を広げ、教育と就労の機会を無料で提供頂ける事は大変有難い」「大学発展に於いても素晴らしいチャンス」。我々の人づくりに共感頂き今後活動を共にして行く計画である…。


 今回アテンドをしてくれた、プノンペン大学の学生Jさん。日本への留学経験がある為、日本の問題を聞いてみると…
 「旅行には素晴らしいですが、外国人が住み続けたいと思わない。留学生の総意でした。」
1)人間関係。外国人に対して壁がある。表面的には親切で便利な社会だが、本当に親しい友人が出来なかった。韓国の方が、まだ良い。
2)画一化社会。枠から逸脱すると、ひどく叱られる。社会からはじかれる。
 外国人の受け入れ増を目指す日本。「選ばれる国」への課題を垣間見た旅でもあった。


 将来予測(ミス防止の要)

 ミスを多発するT君がいる。
 物事の判断や人の採用などミスが続く…。「なぜだろう」と思う。
 表面的と言うか、現象だけで判断しているように思う。今の現象は明日の現象ではない。明日は変化している…事に気が付かない。本質が分かればミスは大幅に減るが、本質は隠れているのでなかなか見えない。見えないものを見る「洞察力」が必要となる。
 別の言い方をすると、判断する時「経験」と「知識」で決めている。これではダメである。もう1つ、「将来予測」を加えなければならない。このまま行ったら将来はどうだろう…。この人は教育やチャンスを与えたら成長するだろうか?この将来予測を判断の1つに加えると確率はすごくUPする。

 まず、様々な経験を積み、知識の量を増やす努力が必要である。視野を広げて多角的に将来予測が出来ると、判断する時ワクワクしてくる。

2019年4月8日月曜日

M-net 2019-04-08


 第50期方針・入社式 
4月1日に入社式・全体会議が行われた。
今期は第50期、創業75周年となる。
今期の経営方針は【三核経営】である。改めて南富士の強みを活かし、ガリバー企業として前進していきたい。
5月には中国・ベトナムへの社員研修があり、社員の皆さんには、実際に目で見て肌で感じることで多くの事を学んできてもらいたい。
そして、7名の新入社員を迎えた。彼らには南富士の新しい風となって、良い刺激となり活躍していってくれることを期待している。



 新東京営業所OPEN 
新しい総合外装事業部の首都圏の「新東京営業所」が48日に開設された。18番目の営業活動拠点であり、所長は「望月敦生」君である。
新規開拓や新しい事業展開を期待している。
持ち前のバイタリティで事業部を引っ張っていって欲しい。場所は草加市であるが、千葉エリアの管轄である。名前の通り「新東京」であるので、新しい東京全エリアを目指しているが、初日から電話がひっきりなしである。
望月君の行動力はさすがである。
挑戦し、結果を出してくれると期待している。


 上を向いて歩こう 
東京駅八重洲口から東京本部に向かう道に、通称“さくら通り”がある。当社のビルは「さくらビル」である。先日、事務所へ向かいながらふと何気なく空を見上げると、そこには満開の桜があった。休みの日には歩行者天国となり、昼夜問わず花見客で溢れかえる通りである。しかし、この通りの桜は木が高いので、下ばかり向いて歩いていると桜の存在を忘れがちである。毎日通う通りであるが、平日に満開の桜を見て、“ああ、上を向いて歩こう”と感じた。来月は元号も変わり、これからますます激動の時代へと突入していくであろう。日本は課題先進国と言われ、課題は山積みである。
しかし、そんな時代だからこそ前を向いて、上を向いて歩いていきたい。

2019年3月28日木曜日

M-net 2019-03-28


 南富士職人新年会 


 遅ればせながら、恒例の南富士職人互助会の新年会を3月上旬に行った。
熱海の「聚楽」温泉で12日のコースである。
日頃17の営業所で屋根、外壁、リフォームなどの施工を行っていただく職人さん達の研修会、懇親会である。
「夢と誇りと技能」を持って会社と共にたくましくあって欲しい。


 上海事務所OPEN 

 21世紀はアジア、中国の時代である。
内陸の武漢に「CG部門」や「教育部門」「建築内装部門」があるが、情報やビジネスの拠点【上海】に事務所を設置した。

屋根外装の工事、材料の輸入や新しいビジネスの事業展開をスタートさせる。
場所は上海市内の虹橋(ホンチャオ)である。
14億の人口とマーケットが存在する新しい活躍の場として、ここからスタートする。


 逃げない 

 取引先のA社の社長と久しぶりにお会いすることとなった。
応接室で待っていると、A社の社長、役員2人と幹部1人の4人で入ってきた。
A社長「用事があり、優秀な役員ですので話をして下さい…」と、1分足らずで退室。
以前、A社長は当社に負い目があって話がしにくい…事情がある。
「杉山さん以前はすみませんでした。過去は過去としてこれからよろしく…」と言ってくれればいいものを、逃げてしまった。事前に準備し、資料も作成していったにもかかわらず、非常に残念である。
 素直になって一言いえばいいものを、都合の悪いことから逃げてしまっては…。
いくつになっても、立場が上でも「素直」は忘れたくない。

2019年3月18日月曜日

M-net 2019-03-18


 発言に責任と行動を
 某会議を行った。
参加者から様々な具体的発言を頂き、有意義な会議であった。
早速、各人からの発言を基に具体的に行動をスタートさせた…。
ところが、改めて意見を聞くと、「総論賛成、各論反対(自己都合)」でア然…。
 リーダーは自分の発言に責任と行動をとらなければならない。
トップである私が都合の良い話をして途中から出来ませんでは、誰もついてこない。
自分だけならまだしも、部下もチャンスがなくなってしまう。
組織(会社も営業所も)はトップ次第である、全体をどう思うか?今をどう見るか?
そしてどう対応するかで決まってしまう…。
自分の意見が取り入れられたら、お礼のメール位は欲しい…。と、思うが…。


 実物が示すパワー 
 社員から嬉しいメールを頂いた。
【商談でのリーフ(EV車)効果について】
「本日、BtoC営業で初めてリーフに乗って行き“実物”があることの効果を強く感じましたので、ご報告させていただきます。
ソーラーに興味のあるエンドユーザー様で、いつものように蓄電池や電気自動車など、これからのスマートエネルギー社会の話題となり、会社からリーフを応援頂いた効果がここで明確に出ました。

 1つ目が、電気自動車を語る時の“言葉”が、“知識”からでは無く“経験”から来るので、お客様の興味関心や納得を、非常に得やすくなりました。
 2つ目が、商談中に「実は今日もリーフで来たんですよ」と話をすると、お客様が強く関心を持たれたので、一緒に外に出て、リーフの特徴・これからのエネルギー社会の動きなどを、“実物”を見せながらプレゼンテーション出来ました。

 結果、その後商談に戻り、太陽光の購入は即決いただき、次回車を買い替える時は電気自動車にしたい!とまで言って頂けました。
“実物”がある分かりやすさとその効果を強く実感する出来事で、とても感動しました。
改めまして、今回のリーフの応援、誠に有難う御座いました。」


 ベトナムで新規事業スタート 
ベトナムで新しい「人づくり事業」をスタートさせる為に、K先生にご協力頂くことになった。
ベトナムとはどんな国で、システムはどうか、生活はどうか…?不安いっぱいである。
K先生に実際のベトナムを自分の目で見て肌で感じて頂いた。
当社のハノイスタッフの誠実かつ快活であること。事業窓口である責任者の思いやりや考慮。
私の著書への共感など、様々な面で納得されスタートとなる。
仕事は一人でなくチームでやっていく。関係する皆さんに心よりお礼と感謝をしたい。



2019年3月8日金曜日

M-net 2019-03-08


 Speed 

 新刊本【世界で活躍するリーダーを目指す君へ】が2019.1.17に販売され、大変好評のスタートを切り、様々な方々から「文字が少なくわかりやすい」「ポイントが書かれていて理解しやすい」などご意見を頂いている。

一方、この本の中国版が最近翻訳され、出版された。
すごいスピードであり、ビックリした。
中国での事業展開や人材教育に活用したい。
今ネット情報であふれているが、一冊の本はまた別の意味を持つ。
スピードは力である。何事もスピーディーに対応したい。
スピード対応して頂いた中国の社員に感謝します。


 それは何のためにやるか? 


様々な事をする時、当初の目的があり、それが分かっているか、いないかで結果に大差が出る。
E君は新しい事は挑戦しているか、成果がいまいちである…。
原因はいろいろあるが、本質的には何の為にするかの「本質的目的」が分かっていない。
「言われたからやる」「仕事だからやる」などの受け身ではうまくいかない。
要は、担当者やグループリーダーが「思い」を持って挑戦するか否かである。
全力投入して結果が悪くても「学ぶ」ことが多く次回に活きてくる。
しかし、ただやるだけでは、成功しても失敗しても次に活きてこない。
もう一度「それは何の為にやるのか?」 自問自答してほしい。


 新しい事への挑戦 

ソーラー事業やスマートエネルギー事業を始めて長い年月が経つ。
事業への協力と期待を込めて、
「ソーラーの時計と温度計」そして「EV車」を購入した。
三島本社と横浜統括営業所に設置し、EV車は横浜のスマートエネルギー事業部で活用する。


多発する地震や自然エネルギーに対する期待は非常に大きいが、これをビジネス化する為には、一工夫も二工夫も必要である。

2019年2月28日木曜日

M-net 2019-02-28


 メディアの影響力 
朝日新聞、NHKTV、新刊本の影響が、予想以上に大きい。
連日、全国からのメール・取材依頼が後を絶たない。
先日も、地元のTV局から、ニュース番組でRMSを取り上げたいという取材依頼が来た。
「よくぞ本社を地元に残してくれた・・・」「本当なら一番に地元から発信したかった」と、
本社に来られ、目を輝かせながら構想を語られていた。また、CG・積算部門を見学して頂いたが、全員が一斉に立ち、挨拶をした事にとても感動し、帰られていった。自分の目で見て肌で感じる事は大きく心に残ると思う。
そして改めて、社会貢献事業の大きさと多くの人からの期待に、身が引き締まる思いである。
皆さんはどうだろうか。人は思いもよらないところで、【見ている】。良いことは言ってくれるが、悪いことは決して助言してくれない。素晴らしいことをやっている、すごい・・・という声をいただく一方で、全社員が自覚と意識と誇りをもって行動してほしいと切に思う。 


 総論・各論 
何かを話した時、大筋・大まかは理解できる人は多くいる。
しかし、それを自分の頭の中で分解し、考え、具体的に各論で展開できる人が非常に少ない。総論では分かったと言いながら、具体的に行動ができなければそれは分かった事にならない、消化不良で終わってしまう。
他人に言われた事をそのまま上に話す、部下に伝えるのも同じである。自分としてはどう思うか、考えるかの「主体性」を日頃から養っておかなければ、ただのメッセンジャーである。
「総論賛成、各論反対」もその1つである。日頃からの「気づき」「考える」「即行動」の3つが出来ていると常に道は拓ける。


 ダイバーシティ(多様化)
様々な考え方、価値観、人間が集まって1つの仕事をする。
若い人もいれば、年齢の高い人もいる。男性もいれば女性もいる。日本人もいれば外国の人もいる。頭を使う人も、身体を使う人もいる。意見を言える人も、考えを言えない人もいる。
コミュニケーションのうまい人もいればうまくない人もいる。
こんな組織をまとめるには、「リーダー」の能力(力)が求められる。どうしたらいいか?
新刊本【世界で活躍するリーダーを目指す君へ】は、40年間のアジア・日本で実体験に基づいた「人づくり、リーダーづくり」を書いている。リーダーやリーダーを目指す人は、ぜひこの本を一度でなく三回、五回と読み込んでみてください。ヒントや解決の糸口があると思います。
社会はすごいスピードで変化していく。
「(幅広い)勉強をしない人には明日はない」と思う。


2019年2月18日月曜日

M-net 2019-02-18

 経済産業大臣より認定 
当社が、国の経済産業省の世耕経済産業大臣より、
『地域未来牽引企業』として20181225日に認定された。
地域経済の核企業として期待されている。
地域経済の活性化、成長発展を国より期待され、高く評価されている。

「今までやって来た事」「今やっている事」「これからやろうとしている事」が認められ、心が引き締まる思いである。
「屋根外壁工事」「人づくり」「アジアでの事業」の3つの核事業を中心として強化し、合わせて3つの核事業の周辺ビジネスを広げていく事が、期待に応える事であると考える。

「NHK TV(全国放送2回)」「朝日新聞(全国版)」「新刊本の発行」に続き、今回の「国からの認定」とたて続けである・・・。
まだまだ実力が伴っていないが、日々努力し、真の「未来牽引核企業」を目指したい。

 日本 
日本はどんな国になっていくのだろう・・・。
明治維新では、世界に負けない「強い日本」を目指していた。
そして戦争に負けた1945年に日本は「豊かな国」を目指して努力して、今の日本となった。では、これから日本はどの方向に向いていったらいいだろう。「強い」そして「豊か」の次である。
「楽しい・面白い国、日本」なのかもしれない・・・。
そんな国を目指す為には、「多様性(ダイバーシティ)」と「意外性」がなければ、楽しいおもしろい国は出来ない。

「多様性(ダイバーシティ)」といえば、今、小学校の1クラスの中に外国人の子供が23人はいる。日本語も出来なくて学校に入るので、先生は大変である・・・。
どうしたらいいか?の毎日である。従来の教育では通じない・・・。画一的教育では通用しないし、多様な教育が求められている。「意外性」は「まさか」「おや」「なる程」「従来にない創造性」が求められている。

ガリバー企業としての屋根工事、アジアで人を育て日本で働くMeisterや、ニートやひきこもりの若者をRoof Meisterに育成するシステムなどに挑戦している我が社は、新しい地域未来牽引企業である。

 掃除(捨てる勇気)
ある部屋を見たとき、ゴミの中で生活している姿を見て言葉も出なかった・・・。
「ガクゼン」となった。
掃除とは、整理整頓つまり不要なモノを捨てる事であると思う。
必要なモノと必要でないモノの区別が出来ないのか、区別が出来ても行動(捨てる、処分する)が出来ないのか?部屋の中だけでなく、車の中、机の上、ひいては頭の中も整理できないのではないかと思う。
まず、全部を捨ててしまい、必要なモノだけを改めて集めてみてはどうだろう。
すっきりした生活となる。捨てる勇気と行動が明暗を分ける。