2016年12月28日水曜日

M-net2016-12-28

現状維持は衰退
 
 南富士も国の内外で様々な事業を展開している。
 計画を立て実践しているが、問題が発生したり、まさかが起きたりして計画通りには仕事が進まない場合が多いが、大きな目標を見失わず諦めなければ目標は実現できる。
 一方、事業予測と実績で仕事がスムーズに進んでいると、どうしても新しい事には挑戦しないで現状維持で頑張ろうと思うが、これは衰退の第一歩である。
 いつも「創造」と「挑戦」する心を失わず前向きに生きていきたい。
 2016年の終わりにあたり、一年間で何を考え、何をしたかを問い、2017年を迎えたい。


インドネシア(ジャカルタ)で初の屋根工事

日本国内以外で初の屋根工事に挑戦している。
 インドネシアの首都ジャカルタで一棟のモデルハウスの屋根工事を請け負っている。
 現地の材料を使い、10年間雨漏りしない施工を行っているのである。
 日本から材料を持っていくと関税がかかりコストUP。ジャカルタでは新築でも雨漏りが当たり前のお国柄。屋根施工する職人もいない…。
 こんな状況の中、当社の「技術力」「ノウハウ」「職人の育成力」そして「1ヶ月1000棟の実績」が認められてのスタートである。
 実際に担当しているS君は「雨漏りしない施工法、下地づくり」「屋根材料の選定」「価格交渉」「働く人の安全や教育、マナー」そして「ハウスメーカーA社との交渉」と一人5役ですばらしい実績を作ってくれた。これを手始めにアジアの国々でも雨漏りしない屋根工事の道が拓けるかもしれない…。持っていくものは「知恵」「技術」「ノウハウ」「実績」で税金もかからず、現地の人達に雇用のチャンスもある。
 考えてみるとジャカルタで営業活動をした訳ではなく、インドネシアに奨学金を出しておりそれが今回の新規事業に繋がった。
 「種をまくと芽が出る」を実感できた。これからの事業展開をどう進めるかである。

0 件のコメント:

コメントを投稿