2014年4月28日月曜日

M-net 2014-04-28

S.T.S.T
 某勉強会で、『S.T.S.T』の話をした。仕事をするためには、次の4つのステップが欠かせない。
【S】Study:…まず幅広い、そして専門的な勉強が必要。そして事前準備も欠かせない。
【T】Think:目的達成の強い思い。それを実現する企画や提案が必要である。
【S】Story:あらゆる事にシステムや物語(ストーリー)がなければ、スムーズにいかない。
【T】Try:最後は挑戦。そしてやり抜く。
 勉強しなければ、アイディアや知恵も出ない。自分で考えられなければ、仲間で、チームで考えればいい。思いつきや現象だけの判断で物事をやってもうまくいくわけがなく、ストーリーが大切である。実際にやってみると、なかなかストーリーどおりにうまくはいかないが、そもそも計画がなければチェックもできないし、周りには全く見えない。そして最後は実行である。失敗してもそこから学ぶことは多い…。
 自分はどこが弱いか、不足しているか、そしてどこが強いのか、心と時間に余裕を作ってチェックしてみてください。

目の輝き
 毎日、国内・国外と多くの人と出会っている。魅力的な人が多い… どんな人かというと「目が輝いている」人である。今年の新入社員のK君、N君は大きな声であいさつし、キラキラした目で「仕事が楽しいです」。インドネシアから来日する二人の大卒技能社員Z君、D君。そして、GMCのスタートメンバーのA君、Aさん男女2名、ともに笑顔で目がキラキラ輝いている。未知への挑戦や可能性をかける若い人たち。
 経営リーダーでも、A社のOさん、Y社のN社長、I社のY会長、S社のT社長… 常に新しいことに挑戦し、自ら先頭に立って行動して、明るく前向きで頭が下がる。文章や言葉では分からないし、ごまかすこともできるが、「Face to Face」で会ってみると顔が見えてくる。特に「目に輝き」のある人は魅力があってワクワクする。同じ仕事をするなら、こんな人たちと仕事をしたい。

自分で道を拓く
 慶応GMCクラブのメンバーMさんが、3週間のインドネシア研修を終え、報告会を行った。「日本語を教える」という目的のもと張り切って準備していったが、いざ現地に行ってみると何一つ計画通りにいかない。孤独感で途方に暮れたが、自分が考えてきたものすべてを捨てて気持ちを切り替え、自分にできることを考えて実行したとのこと。最後には、Mさん主催の学びの場に多くの学生たちが集まってくるようになった。机上で考えた通りにいかないのが発展途上国である。想定外の状況であっても、自ら考え道を拓いたMさんの実践力は大変すばらしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿