2014年3月28日金曜日

M-net 2014-03-28

創業70周年
 2014年は、わが社にとって創業70周年の年である。節目を記念して、新しい会社案内のパンフレットを作成した。材木屋としてスタートし、社員の大量退社という大きなピンチを、「夢のある会社づくり」と「人づくり」という方針で乗り越えてきた。
 現在展開しているふたつの事業「日本一の屋根外壁工事業」と「中国・アジア人財ビジネス(GMC)」は、長年培ってきたHuman Capitalの賜物である。 これからも人づくりをベースに、無形資産を活かしてアジアを舞台にしたイノベーションに挑戦し続けたい。

本質は?
 現象は誰にでも分かる。その現象の裏にある本質が分からないと、空回りやムダが多く、成果も出ない。B君は一生懸命仕事をしてくれているが、なかなか見える形で成果が出ない…。自分の得意とする分野で解決しようと工夫や挑戦をしているが…一歩下がって、この仕事の本質(一番大切なもの)は何だろうと考えてみる必要がある。
 自分に求められているものは何だろうか? 固定概念や今までの常識の範囲内でどんなに考えても、同じような答えである。B君に色々と話をしたが、どれだけ理解したか不安である…。できない理由を考えたり、理屈を並べてもダメである。「本質」に迫ること、「本質」を解決することが求められている。案外、「本質はシンプル」である。気づかなかったり、逃げていてはダメである。正面からぶつかってみることである。

「変化」こそ王道
 アクセルを踏んだと思ったら、ブレーキを踏まなければならない昨今である。中国、アジアを見ているとめまぐるしく変化している。海外進出かと思えば、撤退もある。日本国内を見てみても同じである。世界もそして消費者も変化している。同じことを長くやっていると、「安心」というか「慢心」が生まれてきてしまう。 日本のトップメーカーS社。ブランドと成功体験にぶら下がって今は厳しい。
 海外で成功してきた I 社。20年間成功し続けると、トップから従業員まで皆「これでいい」と思ってしまう…。さまざまな企業、組織でGMCを採用していただいている。そして“異能”であるGMCが小さな変化を起こしている。一方、厳しい環境にある企業は、トップの交代で価値観や社内外の意識・行動改革で新しい出発をしている。自らを振り返って、変化・成長していますか? 時代は変化しているのに変化していなければ衰退である。

0 件のコメント:

コメントを投稿