2014年3月8日土曜日

M-net 2014-03-08

屋根外壁職人 新年会
 3月2~3日にかけ、総合外装事業部の屋根外壁職人新年会を熱海で開催した。11営業所から170名もの職人の皆さんが参加してくださった。参加者は年々増え続け、今年は旅館全館を貸し切っての開催となった。初めて来た人は人数の多さにびっくりし、一方、「年に一度の楽しみ」と言って毎年参加する人もいて人それぞれである。全館貸切など今時分合わないかもしれないけれど、人が集まることが一番の力になる。それだけ人を集めることは今一番難しい事である。

 新年会では、1年間の方針発表のほかに、職人さんの表彰をおこなった。表彰された職人さんたちはものすごく頑張ってくださっている。私たちの会社は職人さんがいるから仕事をやっていける。世の中のいろいろな仕事がロボットに代替される時代であっても、屋根の上での作業は人間でなければできず、ロボットとの競争にも勝つことができる仕事だと思う。  4月から消費税が上がり先行き不透明な中でも、職人さんと向き合い心をひとつにし、ダントツ日本一の屋根外壁工事会社として成長していきたい。

Understand = can do ⇒ must do
 インドネシアからの研修生が、日本でGMCについて学んでいる。
「分かりますか?」と聞いたところ、「分かりました」と言う。
「分かる(I understand.)ということは、できる(I can do.)ということですよ」と言うと、「“I can do.”でなく、“I must do.(やらなければいけない)”ですね」との答え。
 ただ知識だけ持っているなら何の役にも立たない。学んだことを行動してこそ初めて価値がある。GMCリーダーとしての自覚と行動を身につけ、帰国後、インドネシアの若者たちを指導していけるよう期待しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿