2013年12月28日土曜日

M-net 2013-12-28

GMC第26期 スタート
 中国でGMC(Global Management College)第26期がスタートした。「世界で活躍できるリーダーを目指したい」「頭脳ネットワークに加わりたい」…GMCの理念に共感する志ある学生たちが、中国全土のトップ大学から集結した。今回は初めて、日本の東大・早稲田大の修士の学生が面接試験を通過し、参加している。

 12月26日から2週間、昼夜問わずの集中訓練が始まる。多くの知識を得ることでなく、チャンスに挑戦し実践を通して学ぶのがGMCのリーダー育成である。GMC卒業後には、日本・中国・アジアで様々な活躍の場が待っている。2005年のGMC創設から9年、来年はインドネシアでも新たに展開しようとしている中で、改めてGMCの原点としての役割を期待しています。

杉山種まき奨学金
 武漢大学と清華大学で授与式を行った。武漢大学は今年で16年目になる。「能力はあっても、経済的に恵まれない学生にチャンスを与えたい」 そんな思いから、返済不要のプライベートな奨学金を30年以上続けている。 「人づくりは花が咲く」と信じて…。

中国・内陸の成長
 武漢大学の副学長とお話をさせていただいたところ、「武漢は大変景気が良いです」との事。「今、武漢では1日に600台の新車登録があります。私の家も一人1台、合計4台の車があります。住居にしても、200㎡(70坪)では満足せず、別荘を購入する人が大変増えています。」武漢は、上海から1000kmほど内陸にある人口1200万人の都市である。マーケットとしての魅力が高まっている中国、(特に内陸部)可能性は無限大である。

0 件のコメント:

コメントを投稿