2018年2月28日水曜日

M-net 2018-02-28


質問に答えず、意図に答える

 先日Meisterの営業でC社を訪問した折に、相手側よりMeisterを「実習生のリーダーとして採用」し、「尚、通訳として会社側の考えを伝えてもらいたいが、通訳として活用できますか・・・?」と質問があった。Meister School卒業時、日本語N4の実力はありますと最初に伝えてあったので・・・質問には答えずに資料を使い、意図に答えるようにした。
 ①教育は、教える教育から → 学ぶ教育へ
 ②最低限のマナーの徹底

①と②の基本教育を厳しくやっているので問題はありません。先生が教えると生徒は待つようになり、受け身の教育になってしまいます。私は、教育は学校型の教える教育ではなく、「チャンスを与える」「環境を変える」ことが第一だと話し、気づきや自ら行動を起こすキッカケづくりと習慣化する事が大切です・・・と話し、納得して頂いた。
 質問に答える事は簡単ですが、資料を使い意図に答える事が出来るとファンになって頂ける。②の資料は日本人にも使え、当社でも活用したい・・・と話していた。


Roof Meister3期

 Roof Meister3期が、2月13日からスタートし、東京、神奈川の若者3名が参加している。横浜統括営業所の事務所、倉庫を利用してのスタートである。
Roof Meisterも1期、2期と終了し、3期が始まった。過去にキズを持つ若者を、全社をあげて応援し、成功させたい。技術というより、リーダーの人間力によるところが非常に大きい。共に成長して欲しい。





0 件のコメント:

コメントを投稿