2009年8月28日金曜日

M-net 2009-08-28

結論・全体から

Mさんと話をしていて、すごく分かりやすかった。
まず、結論から入る。つまり動詞が最初である。
日本語は主語、目的語、述語の順である。(例えば「私はあなたが好きです」。) 最初に結論を言うのは勇気がいるが、一番大切な事がはっきりしていて非常にいい。
次に、「どうやるのか」の各論ではなく、全体から「何をするか」の話になった。
「何をするか」という全体像があって、「どうやるか」の各論に入っていく。全体が見えて非常にわかりやすい。
すべての仕事は、結論から入って全体像を描く事ができるとスムーズにいく。
そしてできればシンプルがいい。「要は?」 「ポイントは?」 わかりやすく、シンプルに。
自分の仕事や相手との交渉はどうか、一度自分自身のやり方を見直してみるといい。
時間も節約できるし、「この人はすごい」と、相手の評価も上がってくる。


朝食

東北大学・加齢医学研究所の川島教授によると、脳を元気にするには食事と睡眠が大事だと話す。朝食を食べた人は計算速度が上がるが、朝食を食べない人は全く速度が上がらない。
脳はブドウ糖だけが栄養になるので、パンやご飯のようなデンプン質を食べないと脳細胞に栄養が送り込まれない。そして、ブドウ糖を活性化する“リジン”という必須アミノ酸をあわせてとることが大切であり、それは豆類に多く含まれるので、味噌汁とご飯の朝食が理想的である。
社員の実力を引き出し、人材を有効活用するためにも
「朝食を食べなければダメだぞ」と言っている。
朝食を抜いている人は、午前中を自分の力の何割減かで働いている事が多い。
「朝食を食べよう。」


もう一歩

① K君を家庭に呼び、一緒に食事をした。翌日、K君は私の声が聞こえると飛んできて「昨日の玉ねぎのオーブン焼きはすごくおいしかった」と声を弾ませてお礼を言った。
② W君を特別研修したがレポートは従来と変わらない…。何か一歩が足りない。
③ H君たち大学生を集めてセミナーを開いた。
「いい話だった」と皆が口をそろえて言っていたが、メールひとつ来ない。何かもうひとつ足りない…。与えられる事に慣れているのかもしれない。

K君のように心があり、一歩の行動があると気持ちもすがすがしい。チャンスも与えたくなる。
一方、W君やH君たちはその事に気がつかないのか…? “もう一歩”が足りないように思う。
“もう一歩”、“もう一押し”で劇的に変化する可能性が大きい時代である。“もう一歩”、“もう一押し”。


0 件のコメント:

コメントを投稿