2018年12月28日金曜日

M-net 2018-12-28


  新刊本「世界で活躍するリーダーを目指す君へ」 

 久しぶりに新しい本を出版する。
来年の1月中旬に全国の書店やAmazonで発売される。
(定価1300円/イーストプレス社)

内容は   1.リーダーに必要な人間力
      2.イノベーションを生み出す管理力
      3.リーダーが成長する為に必要な挑戦力
      4.戦略、戦術より必要な事

 グローバル化時代に通用するリーダーづくりの為の参考になればと思い、今までやってきた事を中心に書いてみた。まだまだ十分な本ではなく、未熟さが自覚できる。
 チャンスがありましたら御意見を頂ければ…と思います。



  行動が示すモノ  

 年末の多忙な時に、主力取引先のK社のK社長が三島の本社に片道3時間を掛けてお越しくださった。それも一人でわざわざである。頭の下がる思いである。世界や日本、業界の話をさせて頂き、大変勉強になった2時間であった。
メールや電話で用事が足りる昨今、改めて「Face to Face」の重要さを認識した。
話の中で、私が「K社にとって今一番の課題は何ですか?」と質問させて頂いた。
K社長:「“人材”です。言われれば、あるいは指示されれば動く人はいっぱいいるが、自分から気づいて考えて行動をする人が欲しい。結果は成功であっても、失敗であってもそれは問題ない」「0から1を生み出す人である」「1を3や5、10にする人はいっぱいいる…」
豊かさの中で生まれ育った人が多く、現状に満足していればハングリー精神は育たず、新しい事にも挑戦できない。ましてその事に気づき、考えることはなおさら無理である・・・。

 今、現場で働く人も不足して、人手不足であるが、その上に立つリーダーはもっといないのかもしれない。(私の書いた本が何かの役に立てば嬉しい限りである)
部下や周りの人は上司の言っている事ではなく、やっている(行動)をよく見て判断している。1日24時間皆平等であるが、この時間を何に使うか、どう使うかによってその人の力量や能力が表れてくる。

 「人生は出会い」と言うが、時間を掛けても会いたい人や企業となりたい。
そしてそこに足を運んでくれる人に心から感謝し尊敬したい。
年末の慌ただしい今、時間を使って自らの足で歩き、肌で人に触れ、生の情報を得ようとするTOPの姿は何にも代えがたい。行動の大切さを改めて実感した。

0 件のコメント:

コメントを投稿