2014年6月18日水曜日

M-net 2014-06-18

慶応GMC-club
 昨年に続き、慶応大学のGMC clubが、6月11日にスタートした。2年生7名、1年生8名、計15名である。GMC-clubに参加する目的はさまざま…
・「杉山社長の“人間力を高めよう”の講義を受けて、人間力を高めたいと思いました」
・「先輩から評判を聞き、参加してみたいと思いました」
・「成長したい、チャンスがほしい…!」

超スピード
 アジアの活力ある国「ベトナム」で、新しいビジネスを展開することになった。初回訪問したのが5月19日である。そして契約書にサインしたのが6月17日…わずか28日で新規事業がスタートである。初回訪問の時、基本的な考え方、具体的事項について話をし、ほとんどはインターネットを使ってお互いに主張し、修正、結論を出すやり方である。6月16日に契約書を作成、そして6月17日に正式契約…。相手側Hanoi University of Industryの責任者Thanhさんの基本的理解力、これからのビジネスの発展性など、すごいエネルギーと知性を感じる。すべての仕事にこれくらいのスピードがあったらと…。

ドラマづくり
 今度、「高度人材」として、二人のベトナム人が当社に入社する。二人とも今年ベトナムの大学を卒業したばかりの若者である。問題は、日本語ができない。少し日本語を勉強しているが、文法中心で、あまり実践的でない。
 「中国では最速35日で日本語をマスターした学生がいる。寝る時間を惜しんで早朝から夜中まで通常の人の3倍、5倍の努力をした人がいる…。ふたりとも1ヶ月で日本語の会話をマスターしたらドラマになる。ドラマは人生をつくり、人を大きく成長させ、チャンスもいっぱい入ってくる…」と話したところ、「今日、これから家に帰り、1ヶ月で日本語をマスターしてみせます!」と、目を輝かせて話してくれた。結果は別としても、頼もしい限りである。こんな若者がベトナムにはいっぱいいる。彼らにチャンスを与え、ドラマをつくりたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿