2021-11-28

M-net 2021-11-28


 土曜日は勉強の日 

コロナで社会が一変し、変化についていけない人が多くなっている。コロナだけではないが。 変化をどう感じ、どう受け止め、どう対応したらいいのだろう…? 正解はないし、私もよく分からない。
しかし1つだけ言える事がある。 それは、【勉強する事】である。 勉強とは本を読む事だけではない。研修会に参加する事でもない。 いろいろな事に興味や関心を持ったり、外に出て色々と見たり、聞いたり、感じたり、人と会ったり、本を読んだり、スポーツをしたり、趣味を持ったり、非日常が全てである。
大きな意味では遊びとも言える。 ウィークデイ(月~金)は多忙であるので、あえて土曜日を自分磨きの日(勉強の日)としたらいい。自分の世界だけにいると、大きな変化に取り残されてしまう。 特に年齢の高い人ほど社会の変化を知り、勉強し、自分を研かないと浦島太郎になってしまう。 総論でなく具体的に!

 IT,デジタル化時代のTake 

パソコンや携帯電話を開けば、必要な情報が即座に的確に入手できる時代である。
感謝しなくても、お礼を言わなくてもいい。それがIT、デジタル化時代である。
この頃、多くの企業や団体、人から講演依頼が多く多忙であるが、残念な事に「ありがとう」という心のこもった感謝やお礼のメールが0である。セミナー時、質問も多く反応もあるのだが…。 考えてみた。IT、デジタル化時代で情報を得ても当たり前の時代である。
つまり、「Take」だけであり、「Give」は存在しない社会になってしまっている…。 Take,Take,Take,だけである。全員がTakeだけだと「わびしい」社会であり、行き詰ってしまう。 私は、社会や人は「Give,Give,Give,そして感謝、Take」と考えている。
パソコンから得られる 一般的な情報は感謝も必要ないと思うが、その人からだけ得られる「生の情報」や「現場にしかない情報」には感謝の心があるといいと思う。
思うだけでなく、一語御礼のメールでもあれば、こちらも又何かをと考える。そんな人になりたい…。


 Positive,Negative 

1つの話をして、2通りの人がいる。
Positiveな人。肯定的に取り、1つから全体を描き前向きに考え、挑戦する加点主義者。
Negativeな人。否定的に取り、自分と考えの違う所を2,3取り、ネガティブストーリーを作って全体否定。
パーフェクトな人はいない。長所もあれば短所もある。
Negativeな時もあるが、全体としてPositiveな人生を歩みたい。 そんな人の努力には「サムシンググレート」(目に見えない力)が起き、不可能が可能となる。

2021-11-18

M-net 2021-11-18


 先客万来…「Human Net Workづくりを目指して」 

Ⓐ清水町幹部職員研修会(11/10)
三島市のとなりに清水町という町がある。柿田川湧水で有名な町である。
町長のSさんが私の著書「実践的・知的創造」を読み、是非町の幹部と小中学校長に話しをして欲しいと依頼があり、お話しさせて頂いた。テーマは「人生出会い(リーダーに必要な人間力)」で、40名のリーダーに集まっていただいた。「潜在能力採用」や「面接は顔で選ぶ…」「ひきこもり、RM…」「マジメはダメ、遊び心が必要」「ポケット300」などに特に関心、興味を持って頂いた。

Ⓑ82才の創業経営者
新潟県で県下最大の水道工事業を創業し、250名の社員を抱え、グループ年商58億円の地域トップ企業のオーナーが、11月11日私に会いに1泊2日で1人で来社。
この「行動力」と「知的好奇心」にはビックリさせられた。
私と約2時間話をし、それを全てメモを取り、目を輝かせ、質問をしてくる。 私の話を聞き感動し、「私の弟子にして下さい」「カバン持ちにして下さい」「自分の会社を南富士さんの関連会社にして下さい」「M-netを送って下さい(但しメールアドレスなし)」…。
途中でキャパオーバーで、頭がいっぱいになってしまった…と話し、ここでSTOP。
私の著書も自分で購入して読み、来社して頂いた。頭が下がります。 いくつになってもこんな風に生きていきたい。ラストに「人づくり(国の内外で)」はすごいと何度も話し…お帰り頂いた。

ⒸWebセミナー「中国・アジアで人づくり46年」(11/11)
知人の紹介で「(一社)日本善隣協会」と言う団体の会員の皆さんにお話をした。
今までやってきた中国・アジアの人づくりの話を中心に話をさせて頂いた。
お金の投資でなく、文化(古本、奨学金、大学の教授、人づくり、etc)中心の投資をしてきた話が中心であった。 中国には様々な魅力があるが「人材、市場、チャンス」は特に、これからの日本には欠かせないと。GMCの話を中心に中国だけでなく、ベトナム、インドネシア、カンボジア、ミャンマー、ネパールなどの話をした。
質問は①平凡と非凡の兼ね合い②アジアの価値観は近代ヨーロッパと違う③アジア共通の8つのルール④人づくりの採算など。私の話を「普通の思考ではイメージできない」と思い、具体的事例で話したが、理解して頂いたかどうか…。
一人の聴講者(多分大学の先生)が、私の著書を読んで「ポイントを押さえ、非常に分かりやすい…学生達にも話したい」と評価頂いた。

 



2021-11-08

M-net2021-11-08


 SPS東松山工場OPEN 

11月1日、埼玉県東松山市にSPS東松山工場がオープンし、オープン式を行った。
SPSは、現場計測・図面作成・材料加工・施工まで一貫した、サイディングのプレカットシステム(SPS)である。グリーン化が求められる時代において、新しいシステムとなる。
K所長から、まずは月30棟、南富士の営業力を活かし、屋根工事の強化につながる開拓をしたいと宣言があった。 5人でスタートとなる。
従来の工場システムのやり方ではなく、南富士独自の新しいやり方で外装事業部を盛り上げる一部門となるよう頑張ってください。期待しています。


教育は花が咲く 

Roof Meister 16期の3人です。10月4日より教育がスタートしました。
どこか頼りなく不安であった3人ですが、わずか1ヶ月の教育を受けた今のこの笑顔は、全てを物語っています。S部長の教育によるところが大きいですが、3人とも手に技術を身につけ始め、自信も出て来た様子がうかがえます。大きく成長して会社に社会に役立つ人となって下さい。 将来が楽しみです。
Roof Meister の全体の10月の実績は1ヶ月で屋根工事完工が83棟(総員17名)です。
これに15期3人、16期3人と加わっていくと、盤石の施工体制が出てきます。
RMと言えるには屋根工事の仕事がある事が全てです。仕事があれば人は伸びるとも言えます。
改めて「教育(人づくり)は花が咲く」と実感しています。本人達はもちろん、募集から教育、指導そして各営業所の日々の打合せなど、かかわる人に深く感謝しています。
同時にこれからも継続していきたい。そして名実共に日本一の屋根工事会社に。



2021-10-28

M-net 2021-10-28


 戦略を持つ事の大切さ 

文章には書けないが、素晴らしい実績を上げている事業所がある。
何の為に仕事をするのか、自分たちの役割は何なのかをよく知り、目的を持って具体的事業展開を日々、全員で実践している…事業所Aがある。
一方、依頼された仕事を毎日頑張ってやっている事業所もある。
残念ながら成績はパッとせず、作業だけで日々終わっている…D事業所もある。 この差は何なのだろうと思う…。
 リーダーが「戦略」(思い、目標)を持ち、具体的に業務に落とし込んで仕事をしているかどうかの差であると思う。 結果として大差となって表れてくる。 何も考えないで作業して満足している人とは格段の差が出てくる。
辞書によれば「戦略」とは「目標達成の為の構想、計画」とある。
その為にはまず「目的」(何のために、何をするか)がなければ ならない。
日々の業務や作業に追われ、目先の事だけで満足していると知らず知らずに身体を使うだけで満足してしまう…。言葉で言うと難しいが、「戦略」を持って仕事をしたい。 これが出来る「人」や「企業」が成長していく。

 某地銀の5つの支店を統括する人 

B地銀に所用があり、10月25日の月曜日の10時に訪問する事になった。 当日の朝、B銀行に訪問するとまずその支店に専任の支店長がいない。 5店舗を統括する1支店長が部下2人と共に迎えてくれた。
銀行も一支店一支店長の時代は終わり、効率化が進んでいる。
遠隔地の核支店から、月曜日の朝一で私を待っていてくれた。それも3人で。座るなり、これからの日本は?中国ビジネスの今と課題、 人材育成(潜在能力採用やルーフマイスター)、南富士の事業展開…など、様々な質問が 矢継ぎ早に出てくる…。ラストに本来の用件は3分で終了。最後にM&Aの話となり、当行も諸案件を抱えているのでご相談させて下さい…。「南富士さんは人材も育成しているので、いつでも可能性ありますネ」と笑って話してくれた。
さすが5店舗を統括するだけの人物だと思ってしまった。 あっと言う間に1時間となり、ご挨拶代わりに私の著書「実践的・知的創造」をお渡し失礼した。
改めて「人生は出会い」だと実感し、可能な限り多くの魅力ある人との出会いに期待している。
そして社員一人一人も、お会いする相手が期待して待っていてくれるような人材となれるように、日々研鑽してください。南富士としては、様々な情報や実績がありますので活用して下さい。

2021-10-18

M-net 2021-10-18


 すごいパフォーマンスの人 

すごいパフォーマンスの人とお会いした。
ジャパンベーカリーマーケティング(株)の岸本社長である。
私の書いた本のご縁である。
まず、初対面でお会いして「ビックリ」である。
今日は杉山会長とお会いするので特別に着替えて来ました…との事。一日に3回着替えるそうである。 異業種でパン屋を開業するマーケティングが本業で、全国に350店舗オープンしているとの事。 パンを通じて人を幸せにしたい。
奇抜というか、自分の感性そのものである。「もっと会長と話をしたい」「何か一緒にできないか?」「ラジオDJを始める、ゲスト出演を」「彼のパンのラボで食事会へのお誘い」‥‥右図のようなイラスト色紙を頂いたが、御礼に私の「杉山定久の展開図」を渡したところ、「今まで会った人でこういう返され方は初めて!」と感激してくれた。世は多様化の時代である。

 魅力のないところに人は集まらず 

今、日本のコンビニの総数より歯科医院の方がはるかに多い…。
右を見ても左を見ても歯医者はいっぱいある。 
某歯科大学の学生応募数も激減し、応募者のレベルも決して高くない、との事。 
定員割れもひどく50%前後との事である(歯科大学の教授の話)。
考えてみると、魅力があれば人は集まってくる。 魅力がなければ人は集まってこない…。
香港を例にとっても、25年前には香港は中国人の憧れであり、香港のようになりたいと、多くの人が思ったが、香港は特別な努力もせずに今日に至った。 
その間に中国各地は競って成長し、香港を超えてしまった。 
特に香港の隣の深圳は目を見張る成長・発展である…。
「魅力ある国」「魅力ある企業」「魅力ある事業」「魅力ある人」の周りには、人や情報が集まってくる。 自然界でもまったく同じである。
事業や自分を「磨く」というより、「研く」(研ぎ澄ます)ことで、魅力ある仕事や人間になりたい。
さて、あなたは魅力がありますか…?

2021-10-08

M-net 2021-10-08


 第52期半期責任者会議 

全社員集まって会議をしたいところですが、コロナ禍で責任者を3班に分けて10月1日、2日で 行った。
前期実績、前期課題、後期目標、新規事業などについて説明し、質疑応答を行い終了した。 特に目立ったのは、入社2年目のS副所長と今年入社した新入社員責任者のK君の発言であった。「3ヶ月で悪い所を捨てる」「得意先100社訪問し、固定客づくり」など活力ある発言で、その場の雰囲気を活気あるモノとしてくれた。
従来の固定概念に捉われずに挑戦する姿が新しい南富士を創っていく…と実感した。
未知への挑戦こそが新しい時代へのスタートである。変化を常と考え、柔軟な思考と行動を期待している。失敗を恐れずに。 


 新しい人材 

①中国で新規学卒3名入社
中国の人材が新しく3名入社した。
 3名とも新規学卒で、今コロナで日本に来る事が出来ないので、上海で当社の業務を応援している。 私の本を読み、3人が創造的提案をしてくれた。 大変興味深く、楽しみである。
1.建材ビジネス活用提案
2.大学ネットワーク強化
(電子書籍。オーディオブック。実態書)
3.地域経済復興イノベーションコンテスト(中国)。
3名共GMC卒業生である。

②Roof Meister School(第16期)スタート
10月4日から第16期ルーフマイスターがスタートした。
今回は3名の研修であり、3ヶ月後に1人前のルーフマイスターになる事を期待している。
夏の暑い時も、冬の寒い時もあるが負けないで、手に技能を身につけ、明るく元気よく頑張ってください。


2021-09-28

M-net 2021-09-28


 Zoom 1000人の入学式(ベトナム) 

9月28日にベトナム文系TOP大学FTU(貿易大学)で入学式がZoomで行われた。 参加者は1000名で学生、教職員、企業など。 海外の企業や協力組織なども多く参加し、盛大であった。 当社もFTUに事務所があり、現地の責任者Oさんが 会社を代表して参加した。 
そして、南富士が参加している事も紹介して頂いた。 
学長は学生達に対して「このようなオールオンラインは初めてであり、コロナの収束はまだまだ であるが、FTUは学生達に全力で勉学の場、良い環境を提供すると約束する…」と話した。 形式的なものはリモートでできる社会になったが、Face to Faceが一段と重みを増していく。


 パンフレットも紙から動画(IT)へ 

当社のパンフレットは今まで紙で制作し利用して来たが、これから動画で作成し、 どうしても必要なモノは紙で作成するようにしたい…。新しい事に挑戦し、IT時代の一歩としたい。 
使う皆さんは不都合があると思いますが、使ってみて下さい。
本日も某メガバンクの役員が来社され、これを説明すると「ビックリ」していた。 道具は使うことに価値があると思います。

  ふるさと納税 → ふるさと(日本)に知恵を還元 

  「実践的・知的創造」の本の出版記念に、南富士「創業支援塾」をスタートさせようと、 地元市町村と連携を考え動き出した。様々な反応があり、「税(お金)でなく知恵を」という 私の提案に、理解できる人とそうでない人がいる。これもセンスの差か…?