2022-08-08

M-net 2022-08-08


 酷暑と豪雨の中で 

今年の夏は入梅も短く良かったと思ったが…。
毎日酷暑の連続であり、体温より外気の方が高いと息をするのも苦しくなってしまう。この厳しい中での屋根・外壁工事の仕事は非常に大変であり、生命の危機すら感じる。まず健康第一であり、職人さんや外で働く人に心から感謝をしている。
酷暑かと思いきや、次は豪雨である。異常な大雨が続く…、外で仕事や作業が出来ない。我々人間は自然には勝てないが、工夫する事はできる。好評の空調服もその1つである。多少なりとも暑さを防げる。他は何かないか考えている…。
そして、住宅に於ける屋根、外壁は「人の生命と財産を守る」大切な役割がある。屋根や壁のない 家はない。社会的意義は非常に大きく、なくてはならない産業であり、プロとしてお客様に役立つ 必要不可欠な事業である。
今、環境は厳しいが、他からの参入は少なく、安定し成長していけるビジネスである。会社としても、一人一人の社員も厳しい環境に負けないで、前に向かって進んでいこう。

 儒教、仏教、道教、神道 

今、世の中は従来の価値観では理解できない事が多い。ロシアのウクライナ侵攻、安倍前総理の 事件と宗教…。世界にはキリスト教、イスラム教など様々な宗教があるが、アジアの宗教について 考えてみたい。生き方の参考にでもなれば…。SNS,インターネットだけの生活から、立ち止まって 少し学んでみたら道が拓けるかもしれない。

儒教
孔子を始祖とする思考・信仰の道徳教育。論語。五常(仁、義、礼、智、信)という徳性を拡充することにより五倫 (父子、君臣、夫婦、長幼、朋友)関係を維持することを教える。生き方の根本をふまえた「処世訓」。 互いに学び合い、人々の努力で平和を保つ考え方。

仏教
釈迦が説いた教えを実践すれば心穏に人生を送ることができる教え。ブッダの教え。
この世の本質を「苦」とし、それを徹底的に認識することにより、そこから「解脱」する事を目的。人の心の問題に重点をおき、自分と向き合う。人生は欲望中心であり、瞑想が苦しみを救える。

道教
真理を教えることはなく、各人が道を学び得ることを目的とする(老子、荘子) 
理想を追い求めずに、自ら道を探す宗教。方法論でなく本質論のみ。
「無為自然」に生きる。質素で正直な暮らしと自然主義。

神道
日本で発祥した信仰。全ての自然物に神が宿るという考え。具体的な教義や開祖は存在しない。八百万の神で神話中心の民族的信仰。

 視覚効果、可視化 

企業やサービスの認知度の向上で、有効なプラットフォームにInstagramがある。
南富士もInstagramを始めた。絵や写真、イラストなど、視覚で南富士を知ってもらう“遊び”である。言葉だけでは消えていってしまうが、視覚、見える化は非常にわかりやすい。
情報はネットに溢れ、欲しい情報は簡単に手に入る。
ただ、自分の好きな情報だけ、知識だけでは視野が狭くなってしまう。SNSの時代ではあるがうまく活用し、頭(考える力)が退化しないようにしたい。

2022-07-28

M-net 2022-07-28


 二刀流経営 

野球ではアメリカで日本の大谷選手が投手として、バッターとして二刀流で大活躍である。大リーガーで投手としてだけでも一流に なるのは凄く大変である。又、バッターとして活躍する事も同じであり、この常識では考えられない二つの偉業を成功されている。 
「素晴らしい」の一語である。
ビジネスの世界に於いても、事業だけ、人づくりだけでも成功するのは並大抵の事ではない。
南富士ではこの2つの課題を全社員の協力のもと、成し遂げている…。
大谷流に言うならば、「経営の二刀流」である。
今まで多くの人には「ビジネスと人づくり」を理解してもらえなかったが、大谷選手の出現で「車の両輪」から「二刀流」と分かり易くなった。
南富士はこれからもこの二刀流を基本として、さまざまな事業展開をしていきたい。

 V2H(スマートエネルギー) 

今、スマートエネルギー事業部が大変忙しい。
ロシアの戦争で「安全・食料・エネルギー」が激変し、当社ではエネルギー関連事業が注目されている。
今年の冬は日本でもエネルギー不足で社会が大きく変わっていく。今まで住宅はソーラー、車はEVとバラバラに取り扱っていた。 エネルギー不足で車もガソリンから電気自動車にシフトしている。脱炭素社会実現の為に、太陽光発電で蓄電し、電気自動車(EV)に活用し、緊急時(大規模停電や自然災害)住宅の電源として活用する一石二鳥のシステムを考案した。 ハウスメーカーと自動車メーカーそしてユーザーの三者を結びつける当社独特のシステムが、社員の知恵で生まれ、脚光を浴びている。 V2HとはEV車のVからHouseのHへ画期的で他社ではマネできない。 2010年に始めたソーラー事業が大きな花を咲かせようとしている…。

 小中学校の先生200人の研修「未来を拓く子供達の育成」 

三島市の隣町に清流で有名な清水町があるが、その教育委員会に依頼され、上記の講演を7/27に行った。
直接の参加者は40名、リモートで160名である。先生(リーダー)に夢が必要で、教から育(Teach→Learn)、人を育てるには挑戦させる事やInnovationの出来る人を育てたい…。 社会の激変の中、同じことの繰り返しではダメ、と。



2022-07-15

M-net 2022-07-18


 若いリーダー(営業所長)や女性リーダーの活躍 

第七次コロナ波、ロシアのウクライナへの侵略、安部前総理のテロ殺害と、まさか(暗いニュース)の連続です。 こんな中での企業経営は、過去の成功体験や常識ではなく、若い新しい発想が求められている。 若いリーダーでは経験不足によりトラブルや問題も発生するが、思い切って任す経営を展開しています。
それぞれ一人一人が、自分の営業所の事を多角的に考え、挑戦してくれている。 実績も量から質への転換で、非常に良い結果が出ている。 嬉しい限りである。
南富士では21営業所があるが、2つの営業所長(代理)を若い女性に託してみた所、良い結果が出ている。
勿論、彼女たちも周りも苦労が多いと思いますが、前向きに挑戦している。
男女、学歴、年齢、国籍でなく能力や可能性ある人には、これからもチャンスを与え活力ある、魅力ある組織を創っていきたい。
勿論経験や実績のある人たちにも新しいビジネスチャンスやポジションを創っていく。

総外部門のリーダー28名
総外の責任者会議
2人の女性所長

 Roof Meister (杉並)(横浜) 

Roof Meister を始めて6年が経つ。多くの若者が挑戦して大きな成果が出ている。
第一期生3名を中心とした杉並チームと 横浜本部で活躍している横浜チーム。
このほかに埼玉チーム(2名)埼玉西チーム(2名)と各地域で 屋根の施工を行っている。 非常に暑い中、彼等の仕事に対する情熱、責任感に深く感謝したい。
非常に好評なのがブラウン製の空調服である。 勿論職人さん達にも支給し、大好評である。

Roof Meister杉並チーム8名
Roof Meister横浜チーム8名
   

 Vietnam CG・積算チーム 

CGを始めて16年が経つが、ベトナム・タイグエンは36名の若いスタッフがコロナと戦いながら頑張っている。 感謝です。

ベトナムCG/積算チーム36名
ベトナム・タイグエンの事務所


2022-07-08

M-net 2022-07-08


 新しい人材、頑張っています 

屋根の匠(大卒総合施工チーム)のY君が6/27より横浜本部で研修を行っており、笑顔でそして元気に汗を流してくれています。
一方、Roof Meister19期の2人(N君、K君)は7/4より研修がStartしました。
全く新しい屋根工事の仕事に、期待と可能性を求めて、挑戦を始めました。
南富士では若くて可能性ある人材を新しい戦力として多様に育て【住のリーディングカンパニー】として、又【屋根・外壁工事のガリバー企業】としても、新しい挑戦を展開しています。
3名の若い人達が、この夏の暑さにも負けず大きく成長する事を、会社をあげて支援していきたい。


 「実践的・知的創造」の本、知らぬ所で芽を出している…。 

静岡県沼津市にあるショッピングセンター(ららぽーと沼津)の書店コーナー。 
「ジャンル」別に「仕事」「生きる」「考える」の1冊として5冊の平積みで展示、販売されている。嬉しい限りである。選者は誰かわからないが、時代の一冊として並べられている。
手前ミソになるが「岸田総理からの激励の手紙」にも あるように、読んで頂くと心に残る本である…と思っている。
今はネット、SNSの時代であるが、時には本もいい。深く考えたり、 広く考えたり…。私は暇な時によく本屋に行くが、どんな本が売れているか?どんな本が読まれているか?本を通して時代が見えてくる。ネットでは伝わらない全体感とかリアル感などを感じ、楽しい一時である。
時間があったら本屋に行って、本は買わなくても雰囲気だけ でも知ると新しいポケットの1つとなる。この本を通して、新しいイノベーションが生まれると、望外の喜びである…。


 時代は「Cの時代」 

Createは言うまでもなく、創造する。
新しい事を考える、ムダや不要なモノは捨てる…。
Challengeは挑戦である。頭や心で思っていても何も生まれない、変わらない。実践してみる事。
China、中国は国土や人口、市場など世界一である。人材や新しいビジネスチャンスもいっぱいである。 しかし、課題も多いし、不安なところもある。未知の国でもあり、当社もかかわりが47年と長く、人的ネットワークも人づくりも強い。 新しい展開を準備している。

2022-06-28

M-net 2022-06-28

  教育=挑戦 

教育と言うとモノを教えたり指導する事だと考える人が多い。
勿論それも教育の1つである。
私は教育(人を育てる)には挑戦する事が一番だと思う。
目標を定め、目標を達成する為に考え、実際に行動を起こし、結果として 成功もあれば失敗もある。
失敗こそ、そこから「何で失敗したか」の学びの場があり、人を成長させる。 この一連の行動(挑戦)が人を育てると確信している。
そして上司は今やっている事を部下に任せる事である。任す為に最低限のルールを教えなければならない。基本だけしっかり教育すれば、あとは自分で考えてくれる。自らも新しい事に挑戦する事で、考えたり勉強したりして活力が生まれる。
南富士では事業(ビジネス)と人づくりが両輪であるが、一石二鳥である。挑戦で人を育てよう。

 Market in / Product out 

Market inとは「消費者のニーズに合わせて生産や販売活動を行う」事。
Product outとは「消費者のニーズは考えずに企業の発想に基づいてモノやサービスを行う」事。
色々な企業や人から相談を受ける。コロナ禍やウクライナ情勢の激変でどうしたらいいか? 皆さんが悩み、苦しんでいる…。
多くの人がProduct outの考え方で相談をしてくる。社会の変化や市場のニーズをあまり考えて いない…。
自分都合だけでエンパシー(Empathy)が全くない。
Empathyとは、「他者を理解する力」であり、「他人の感情や経験を理解する能力」でもある。社会が求めているモノや市場が求めているモノは何か?
取引先や職人さん達が求めているモノは何か?
上司や部下が協力してくれているか?何を求めているか?
時代とズレていないか? 
市場や社会がどう変化しているか、何を求めているかを少し考えてみる 必要がある。Market inの発想で何事も挑戦したい。

 魅力 

私見であるが、香港やウクライナに魅力があれば…情況は変わっていたと思う。 魅力(実力)があれば他者は一目置く。 会社にとって、事業として、個人として、魅力(それは実力と同じ)が ありますか?魅力は太陽の様に自らが輝いていないとダメである。 混迷の時代に、明るく生きる一つの道として魅力を持つ事であると思う。 新卒の面接で必ず「あなたの魅力は?」と質問するが、通り一遍である。 自分をみがいて(磨くでなく研く)、魅力ある人となりたい。あなたは魅力ありますか…。

2022-06-17

M-net 2022-06-18

 


 世界の激変と南富士 

コロナになって3年目。
今年になってロシアがウクライナに戦争…世界は激変している。
日本でも「安全」「食料」「エネルギー」が大きな課題になっている。
従来の考え方から「価値観」をチェンジしなければ生き残れないし、勝ち残れない。
一語で表すなら「量」から「質」の大転換である。
安全をどう確保するか?食料の自給率をどうするか? 
エネルギーは原発に頼らないで自然エネルギーなどの有効活用をどう進めるか?又、産業をみてもガソリン車からEV車への大転換。
今までの価値観では通用しない社会になっている。
今日本は円安(1㌦=135円)であるが、本来ならば円安で輸出が 好調であるはずなのだが… 残念な事に産業力が弱く、その影響を受けていない。自然、歴史、 温泉を中心とする日本のインバウンド(訪日観光客)のみが注目されていて、少し悲しい…。
しかし、私たちの住産業を見てみると裾野が非常に広く可能性がいっぱいある。
住は木材、コンクリート、鉄、繊維、家電、家具…など。国内は少子高齢化で住宅の量は望めなくても、質の向上や、中国・アメリカを考えた時可能性はいっぱいある。
「屋根・外壁・リフォーム」など南富士の得意分野では「住のリーディングカンパニー」としての高い評価を得意先、職方、仕入先から受けて発展、成長する可能性がまだまだある。
マンネリや今までの価値観を捨て、新しい価値観でイノベーションを興し、前に進んでいきたい。
若い力や女性の力も積極的に活用し、魅力的な組織づくりに取り組みたい。
香港やウクライナも魅力(力)があれば、今のような状況にはなっていなかったのかもしれない。
南富士も魅力(力)のある企業として、今までもこれからも努力したい。
待っていても何も変わらない。「心の若さ」と「変化を先取りする頭」そして「失敗してもチャンスある行動力」に期待したい。

 捨てる 

某営業所を訪問した。ビックリである。
 敷地が広々としていて、倉庫の中も整理、整頓されて いる。成績も抜群である。
前回来た時は、敷地内は在庫と残材などが山のように 積まれ、車の駐車も出来なかった…。
「余分なモノは捨てる」ように指示を出し、お金をかけて処分した。モノだけでなく、薄利で 多忙な得意先(お客様)も手を引かせて頂いた。事務所の中も整然とし、すっきりしていた。 収益を上げたり、効率を上げる時、まず「捨てる」事であると実感した。捨てるには「勇気」がいる。「もったいない」「何かに使えるかもしれない」と思うと捨てられ ない。良い得意先が確保出来たら中味のない得意先をチェンジしよう…と思うが、いつまでたっても変わらない。思い切って処分する事によって、余裕のある時間や空間が生まれてくる。 新しい挑戦も出来る…。倉庫や事務所だけでない。
古い知識や固定概念、成功体験なども捨てると新しいモノが生まれてくる。

2022-06-08

M-net 2022-06-08


 勉強とは新しい事に挑戦する事 

勉強しろと言われると本を読む事だと思う人が多い。
確かに本を読む事も勉強の1つである。
私は自分の人生を振り返って【勉強とは新しい事に挑戦する事】だと思う。 挑戦する為に考えたり、行動したり、人に聞いたり、分からない事を学んだりする。 そして、成功もあれば失敗もある。そこで又考える。
ここ1~2年で新しい事に挑戦していない人、つまり従来と同じ事をしている人は進歩がないし、衰退していると 思われる。社会は大きく変化しているのに、自分が変化していない事は時代に置いていかれてしまう…。 私もTOPとして振り返ってみると、挑戦の連続であり、学びの連続であったように思う。木材から始まって、屋根工事、中国進出、八角形住宅、GMC、CG、ベトナム、カンボジア、Roof Meister、潜在能力採用、屋根屋根… 勉強の1つに読書があるが、読書は「他人の知恵を借りる」事であり、自分に力がなければ多くの先輩の力を借りる事が、自分の不足分をカバーする1つの方法である。
一度の人生、勉強して楽しくやれたら、最高である。

 レポートを書いて終わり 

様々な勉強会を開いている。しかし、なかなか成果が見えてこない…?
ほとんどの勉強会参加者が、勉強会のレポートを書いて一件落着、それで終わりである。
何のための勉強会か?知識を増やす為ではない。聞いた事、知った事、学んだ事を実際に実践してみる事が欠けている。その時、その場ではそう思うが、自分の事務所に戻ると通常の日常に戻ってしまっている。現場の対応や電話の応対に振り回されて、大切な事を忘れてしまっている。 しかし、若い人や新入社員は素直に即行動し、大きな成長が見られて嬉しい限りである。 新入社員のF君は、日中現場で学んだ事を全てメモしている。彼はそれを夜、家に帰ってから別のノートに整理をし、翌日から実行している。
ただメモをとるだけではなく、整理し行動につなげる大変すばらしい姿勢である。
経験や体験を積んでベテランになると「分かっているが出来ない人」になってしまう。
私はリーダー育成で「素直な心」「柔らかい頭」「挑戦力」のある人を育ててきたし、これからも育てていきたい。 従来のままでは若い人に追い越されてしまう。いくつになっても「心の若さ」を持ち、レポートを書く事で終わりでなく、「レポートを書く事がスタートである」と意識、行動を変えたい。
新しい知識を得る事は、楽しい事である。
中にはレポートも書けない人もいるが…論外である。 勉強したり話を聞いた時は、学びのチャンスに感謝し、それを活かし実践して欲しい。 
「幸せになりたい」「魅力的な人になりたい」「利益を出したい」と思っても、行動や実践がなければそこに到達する事は出来ない。 
「あすなろ」という言葉があるが、明日でなく今日、今からスタートしたい。
「努力は人を裏切らない」。