2024-02-28

M-net 2024-02-28


 Indonesia GMC 

2005年に中国でStartしたGMCが、いよいよIndonesiaで始まる。
Indonesiaは人口2.7億人。16,000の島。大学も3000校以上あり、人柄も良く魅力的な学生が多い。 レポートと人物で評価し、GMCインドネシアがスタートする。
2月21日インドネシアTOP大学のインドネシア大学で、GMC募集の学生セミナーが開催された。 参加者は50名位でそんなに多くはないが、可能性のある学生がいた。

翌2月22日に、インドネシアの第二の都市スラバヤのスラバヤ工科大学(ITS)でも開催され、 120名以上参加し、素直でチャンスを求める学生が多く、質問も多く大盛況であった。
スラバヤ工科大学は「Institute of Technology Sepuluh Nopember」の略で全国5番の大学である。
 


 Indonesia Business 

今、日本からM君が出張しているが、もの凄い行動力で、新規事業を開拓してくれている。
住宅新築工事や雨漏れリフォーム100棟を目指し、実績づくり中である。
そして社長と同行する事によって、人づくりの重要性を心から認識し、人間性も出てきて、凄い変化である。 大卒高度人材(4名)も活用し、Instagramのフォロワー1000人目標に動いたり、リフォーム拡販にも挑戦中。
楽しみなインドネシアであり、人が事業を創っていく。
 




2024-02-16

M-net 2024-02-18


 社員研修2題 

社会が大きく変化する中で、自分の事だけ、今だけ、現場だけを見ていると置いていかれてしまう。インターネット、SNSの時代でどうしても顔と顔をあわせる機会が少なく、コミュニケーションや人としての基本を忘れてしまう。
共通するテーマとして、
Ⓐ人間本来の目的は
Ⓑ生きていく為に衣食住の重要性(能登地震の事例)
Ⓒ社会の変化 
Ⓓ住宅業界の現状と将来
Ⓔ南富士の夢と戦略 そして
Ⓕ人としてのマナー(仕事は信頼関係の上で成り立つ)など…。
若手リーダーはⒼリーダーとしての思い、考え方を可視化(見える化)する事など…。
若手社員はⒼ社員(Professional)として、失敗を恐れないで挑戦し、失敗してもそこから学び、勇気をもって「逃げない」「ごまかさない」人間づくりをディスカッションした。
参加者からの提案を全員から頂き、リーダー達からはミニ経営者としての自営業所の夢や目標を若手社員からは都合の悪い事、嫌な事を表に出す、自覚と行動の決意を頂き、実りある研修会であった。
誰でも失敗は恐いが、あなたの失敗で会社は倒産しない…。と話すと顔もほころんでくる。挑戦は成功50%、失敗50%であると常々思っている。あきらめないで挑戦すれば、必ず成功に結びつくと確信している。うまくいかない時は、
①時代に合っていない ②やり方が悪い の、どちらかである。
「人づくりをメイン(目的)」とし、「ビジネス(屋根工事)を手段」とすれば、道は拓けるし、人づくりは時間とお金がかかるので、その為にビジネスの利益の一部を人づくりにまわす。
「目的」と「手段」を間違えると、手段が目的となり、目先だけになってしまう。 時には立ち止まって考えてみる事を、一人でも身につけたら、南富士の財産となる。


 理念と価値観の共有 

Global化や多様化(ダイバーシティ)社会で基本となるものは2つ。
理念……物事がどうあるべきかという根本的考え方
価値観…物事を判断する時に基本となるもの。善悪、好ましい事、好ましくない事などの価値判断する時の根底となるもの。
政治、経済、宗教、言葉、文化など様々な違いのある人々が、一緒に経営や教育をする時、理念と価値観が共有できればStartできる。
GMCの教育はその代表例である。言葉や枝葉の違いでなく、人としての本質(基本)がこの2つであり、これをベースにして拡がりを持ちたい。

2024-02-08

M-net 2024-02-08


 外に出ないと、情報も話題もない。 

事務所や家の中だけに居ると、情報も話題もなくなってしまう。
外に出て人と会ったり、体験から成功や失敗を学ぶ事で、人間の幅も深さも増してくる。
今、SNSの情報もいっぱいあるが、「知る」「学ぶ」ことは出来るが、「出会い」や「体験」に勝るものは無いと思う。 M-netを書く時、書く前の10日間での、出会った人や体験が、話題の中心となってくる。
人と会わない、外に出ても同じ人と会うだけでは、新しい情報は何も得られないし、M-netも書けない。
新聞、TVの情報では意味がないし魅力もない。改めて、「人生は出会い」であると思うし、「生きた情報」が求められるし、欲しい。
わが社の主力事業である建築屋根工事を見ても、「現場だけ、今だけ、自分の事だけ」では、拡がりもないし魅力ある人とはならない。
多忙であるなら休日の活用で、非日常のさまざまな出会いや体験を通して、新しい話題や情報を提供できる人となりたい。

 GMC37期(Global Management College) 

2005年からStartしたGMCの37期が先月Startした。
中国のトップ大学や日本やイギリスの留学生など、800人位の応募の中から3回の面接を経て、10名が参加した。
先日そのGMCの学生を採用したいN社とJ社の面接が中国で行われた。 N社(化粧品メーカー)は、8年前に2名のGMCを採用し、その2名が対案した海外新規ビジネスが今や新しい柱となっている事で、毎年数名ずつ採用 して頂いている。
J社(医療・介護グルーブ)も、人手不足や今後の医療ツーリズム等をGMCに考えさせたいと、2年前から採用して頂いており、今年も追加で採用したいとの 事である。
「学生でここまでの提案は見た事がない」
「会社の理念、特徴を調べ上げ、会社の強みと弱みを考慮した提案で素晴らしい」
「日本語もままならない社員が多い中、日本語も英語もパーフェクト」など、非常に好評で採用して頂いた。
2月21日からはGMCインドネシア版が、インドネシア大学でStartする。


2024-01-26

M-net 2024-01-28


 頭の活性化マガジンVol.12。満24周年 

M-netを書き始めて早24年が経ちました。
2~3年分をまとめて小冊子にしているが、今回は12号であり、2022.2.8~2023.12.8分です。
日本語、英語、中国語の3か国語で記載しております。
M-netの読者も社員だけでなく、海外の人、取引先の人、一般の人、学生さんなど幅広く読んで頂き深く感謝しております。 24年間月3回で小計864回の発信となり、「継続は力」となってきました。話題、ニュースのない時の苦労や、記事に書けない話題があったりと、頭の中で走馬灯のようにくるくる回っています。
情報を得る為には、自ら情報を発信しなければ、情報は何も入って来ないです。
今は、SNSの時代で簡単に自らの情報を発信できますが、24年前はなかなか苦労しました。 M-netを月3回書く事で、「無から有を生む創造力」のトレーニングにもなり、又「A4 1枚」に まとめる力(余分なモノは捨てる。ポイントを絞る。
思う事でなく書くという行動等)など、様々な事が身に付いたと実感しています。
実践や継続は人を育てる1つのチャンスだと思います。
ご希望の方はHPより申込いただければ、無料でお送りさせて頂きますので、ご活用ください。

 変化 

変化には、急激に変わっていくものと、ゆっくりと気づかないうちに変わっていくものと2つあると思う。急激な変化に対しては、人間は身構えたり準備したりする事が出来る。
ゆっくりとした変化には、意外と気づかないし、気づいた時には手遅れとなってしまう事が多い。
変化の激しい今、成長可能な変化を進めるには、まず社会構造の変化を見て、それを自分の事として考え、スピードと柔軟性を持って対応しなければならない。
技術の進歩は仕事の手段が変わっただけで、人間本来の目的が変わるものではないと思う。
一歩先を考え、未来の姿を示し、現実の上にたってストーリーを構築し、変化をチャンスと捉え、人間本来のありように目を向け、あたり前の事を 実践する経営が、変化の時代を乗り切るカギとなる。 見えない変化に対応する為には、社員一人一人の見えない変化が起きている事への自覚と、それに伴う行動(実践)が要となる。 変化(時流)を怖がらず、変化を楽しもう。


 

2024-01-18

M-net 2024-01-18


 (財)日中人材育成協会 初公式訪中 

(財)日中人材育成協会は、日本側では設立・許可されたが、相手国(中国)での認証が必要で、1月11日から中国北京を訪問した。
私(理事長)、藤嶋先生(理事)、杉山社長(理事)3名と、現地から張新元君が参加した。
訪問先は中国人民対外友好協会(中国政府の外交部の裏組織で、民間外交を司る政府代表部)の袁副会長である。
私の49年間の中国での無料の人づくり、奨学金、数多くの大学の教授やGMCのリーダー育成に大変興味をもっていただき、 今後全面的に協力、支援をして頂く事になった。
袁副会長は日本に精通しており、まず能登半島地震のお悔やみ、安倍派のパーティー券と福田先生の関係、日中には政治的には違いもあるが、国と国も人で成り立っているし隣国である。
杉山さんのような人がいたから今がある…。教育、人づくりについても、中国はテストだけで「GMC的な教えない教育は素晴らしい。」 これからの中国に必要な教育である、と…。
藤嶋先生からも「杉山さんは素晴らしい事をやっている…応援したい」。
長年の無償の人づくりに心から賛同して頂き、長年の労が報われたと実感。
袁副会長の人間力と見識の広さを実感した。魅力的な中国のリーダーである。
今回の訪中がスタートであり、これから中国人民対外友好協会とも手を組んで、人づくりを中心として新しい事業を展開していく事になる。
今まで杉山個人や南富士という組織から、公的団体としての活動となる。

屋根工事の会社がなぜ公的集団として中国で「人づくり」「ビジネス」を行うのか分かりづらいと思いますが、「アジア・中国一体化」の中で「安定した屋根工事」と「人づくり」をベースにして前例のない(人マネしない、されない)組織集団として、様々な事に挑戦していきます。
すべての基本は「人」として、「魅力ある、光る組織」を目指し、その中心が「南富士」である。

2024-01-09

M-net 2024-01-08


 不況下、狛江営業所OPEN 

住宅着工も、厳しい情況で、明るい展望がなかなか望めない。
そんな中、東京の城南地区で世田谷区の隣の狛江市に新しい営業所を1月6日に開設した。
リフォーム横浜のⅠとⅡが統合したので、23番目の営業拠点である。所長は、何でも受け入れるキャパのあるK君である。非常に期待が持てる。
住宅着工も成長に期待が持てないが、それ以上に現場で働く職人さんの高齢化がすごい。あと5年もしたら屋根施工をする職人さんがいなくなってしまう…。深刻な情況である。
住宅は、人が生きていく為に絶対必要な衣食住の1つであり、厳しくても0にはならない。当社では職人さん育成の【Roof Meister School】も8年前よりスタートし、順調に若い職人さんが育っている。 又、今年春にはインドネシアの技能実習生13名も入ってくる。
屋根施工力No.1の当社には【屋根工事を南富士で】と言う依頼もあり、生きる道はあると確信している。
今まで弱かった東京・城南地区の強化で、【強いモノをより強く】できる。 No.1(ガリバー)は、勝ち残れる。


 人間力 

昨年から多くの人から【人間力】【人づくり】【人的資本】はどうしたら身につくのか?との質問が多い。ハードの【モノや工事】は誰でも見えて分かり易いが、【人づくり】などのソフトは正解がなく、説明するのが非常に難しい。
正解かどうかわからないが、一応私の私見を記してみる。

ⓐ人間力とは、全ての原点は【人】であり、その人の【知識】と【体験】の量と質によって決まる。
ⓑ人間力とは、【夢】を持ち、それを【構築】し【story化】し全体像が見えるとBestである。
ⓒ人間力とは、【現象】(今起きている事)ではなく、裏に隠れている【本質】を見抜く。3歩先を見る目である。
ⓓ人間力とは、【実践】する事である。思う、考えるは誰でも出来る。実践には失敗もあるがそれもいい。失敗したらそこから学べば良い。挫折こそ人を育て、人を大きく人を研いてくれる。
ⓔ人間力とは、自分の為だけでなく、社会、相手、人の為を少し考える事である。

【社員としての最低限のルール】8つが、人間力の基本である。

2023-12-28

M-net 2023-12-28


 日本の生きる道「人材育成」 

(財)日中人材育成協会の会長である福田元総理大臣が、提言されている。
【単にモノや金を供給するような考え方では限界がある。日本がもつ強みの一つが人材育成である。こうした点に力を注ぎ「お互いに成長していこう」という姿勢を持っていくことが求められている。むしろそこにしか日本の生きる道は無いのかもしれない。】
アジア各国は様々な考え方がある。
民族も宗教も、言語も違う。一つの考え方を押し付けようとすると対立が起こる。
日本はアジア各国の気持ちを理解できる数少ない国の一つだろう。
世界に於ける経済的地位が相対的に下がっても、日本に対するアジアの国々の期待は、今も大きいと感じる。

 国際化(グローバル化) 

良い意味でも悪い意味でもドンドン国際化が進んでいる。 当社でも日本、中国、インドネシア、ベトナム、カンボジアと国際化が進み、「人づくり」と 「ビジネス」を行っている。国際化とは何か?国際化に必要な条件は?と考えてみると、

① 365日24時間動いている。
② (相手を信じる。好きになる)がなければうまくいかない。そして、胆力
③ 数字で表現する。数字は世界共通語。今はArt(絵、図、写真、マンガ)も必要
④ Story(夢とそれを実現する構築力)
⑤ Speed(Speedは力でもある。検討でなく即決で実行)

コンピューター化、情報化やChatGPTがどんどん生活や仕事の中に入ってくる。 自社だけ、自国だけ考えても、行き詰ってしまう。 広い視野で考えて、自分は国際化に対応できているか?対応できていなければ時代や社会から置いていかれてしまう。 上記の①~⑤は、国内でも同じである。