2023-01-27

M-net 2023-01-28


 職人の国際化 

あらゆるところで国際化、ダイバーシティ(多様化)が進んでいる。 職人さんも外壁工事については国際化がドンドン進んでいる。

(S営業所)
職人さん30人の内70%がインドネシア、タイ、中国の人であり、毎日電話してコミュニケーションを図り仕事を進めている。都内の狭小地でも嫌な顔せずやってくれる。スピードも早い。

(T営業所)
職人40人の内50%がインドネシア、ベトナム人で言葉は十分に伝わらないが、急な仕事でも対応してくれる。

(E営業所)
職人30人の内50%がブラジル、インドネシア、中国人で、ブラジル人は施工品質が良い。 言葉が十分でないので、現場打合せを重視している。以前はハウスメーカーの監督の外国人職人の印象が悪かったが、最近は良い。総じて、パワーがありのんびりしている。欠点は言葉の問題で、コミュニケーションが取りにくく、現場での打ち合わせが大切である。

考えてみると、今から18年前、中国人技能社員10名を受け入れ、今その内の9人が日本の永住権を得ている。そして、ベトナムからの多くの高度人材を受け入れ、国際化に挑戦してきた。社員も国際化、グローバル化を身につけており、職人の国際化も時代到来ビジネスと言える。

 仕事の見える化 

全体が見えると、仕事もスムーズに進む。
リーダーだけ分かっていて、仕事を指示して作業が進む時、何の為にやるのかが分からず、作業だけになってしまう。
失敗をして、早朝とか夜遅くまでそれをカバーして仕事をしている。 他の人には見えないので、協力も出来ずに、本人だけが多忙である。
こんな人はミスを繰り返している…。
ミスや失敗は誰にでもある。ミスの現象ではなく本質を知れば、ミスから学ぶことは非常に 多くある。仕事でも、失敗でもそれを見える化すると、多くの協力を得られるし、自分でも何がポイントか、どこが足りなかったのか、どうしたらいいのかが見えてくる。
絵とか図などにすると、非常に分かり易い。 勇気をもって、自分たちの仕事を見える化したり、失敗も見える化すると、時間や無駄が除かれ、効率化できる。
要は頭の中をオープン(開く)にする事である。
余裕のできた時間に新しい事を考えたり、次の仕事の段取りに使えたら、最高である。



2023-01-18

M-net 2023-01-18


 千客万来 

さまざまな人が当社に来社して頂く。非常に有難い事である。
取引先メーカーの社長、取引先メガBankの役員クラス、新聞社の支局長…。 社会環境激変(ウクライナ、資源高コストアップ、円安円高、人手不足等)でなかなか先が見通せない…。 「何かヒントはないか」「どう考え何をしようとしているのか」誰しもが人には言えないが不安や問題を抱えている。
毎回、その人に合った資料や話題を準備している。せっかく三島まで来て頂いたので、 何か1つででも「情報の手土産」として(十分かどうか分からないが)持ち帰って頂く様に心を込めて考えている。 そして、もう一度会いたいと思って頂けるように…。
人と会う時には、ちょっとした心のこもった手土産(お菓子ではなく、情報や話題)を持参すると話題も拡がるし、次回のチャンスもある。手ぶら(何も持参しない)はダメである。 その時、自分目線の情報でなく、相手目線、社会目線の情報は言うまでもない。 準備し、お会いし、満足いただければ、望外の喜びとなり、輪も大きく広がる。 少しの時間を活用し、事前の準備の必要性を強く感じる。
デジタル化の時代であり、あらゆる情報はSNSで得られるが、チョットアナログ的発想も時により、人によっては活きてくる。

 職人強化作戦 

デジタル化時代にデジタルを活用し、アナログで活路を見出している当社では、今年1月より職人さん、ドライバーさん、社員の皆様にバースデー作戦として、誕生月にBDケーキをお送りしているが、大変好評である。
まさかのサプライズであり、嬉しい連絡をいっぱい頂いている。
また、神奈川エリアでは下図のように、チラシを作成し、職人さん強化作戦を行っている。 (InstagramやHPでも協力させて頂いている)
今は、ThinkからDoの時代である。 行動する事によって、新しい何かが生まれてくる。失敗を恐れずにDo(挑戦)である。 施工力強化は職人強化であり、Roof Meister育成も力を入れている。屋根のない家は無いし、壁のない家もない。必要とされている事業である。
BDケーキ
屋根職人募集

 

2023-01-06

M-net 2023-01-08


 時代到来ビジネス 

1月5日の仕事始めの日、責任者(営業所長、役員)30名が集って新年の誓い、顔合わせを東京で行った。
一年の計は元旦にありで、今年の目標や方針を確認した。
コロナ、ウクライナ、エネルギー、安全と、どれを取っても正解がなく、どうしていいか分からない…。
そんな中、当社の外部からの評価が非常に高く、方向性が一貫しており、不透明な社会にあって 【安定性】【成長性】【社会性】で注目されている。
その原点は①人づくり②屋根工事③人まねしない④中国⑤常に挑戦しDO の5つであると思う。 中国の種まきでも安定している【屋根、外壁、リフォーム工事】の収益の一部(つまり全社員の 支援)で行っている。人づくりもGMC、Roof Meisterすべて同じである。言葉を代えると【時代到来ビジネス】と言ってもいい。Green Energy事業などは時代到来そのものである。時代がドンドン私達の日頃行っている領域に近づいている感じがする。
48年近くやってきた【ビジネスと人づくり】が少し花が咲いてきた…と実感する。
これに満足する事なく新しい【種まき】を行い、次世代の花を育てていきたい。
時代は常に変化していく。変化していく中で【変わらないもの】と【変えなければならないもの】がある。変わらないものは【人】中心である。
人的資本主義や学び直し、無形資産と言葉では言うが具体的にどうしたらいいか?正解はないが南富士ではさまざまな人づくりを長年やっている。
三歩先(つまり本質)を見て、目標を掲げて、挑戦(Do)するスタートの新年でありたい。 ピンチこそチャンスである。

 新年責任者会議の参加者からのメール 

杉山会長 お疲れ様です。
本日は新年会議にて、気持ちの引き締まるお話をいただきありがとうございました。
また、日本とアジアでビジネスの花が咲いている南富士の強みを再認識いたしました。会長が本日おっしゃっていた、時代到来ビジネスという言葉にはすごく合点がいきました。テレビや新聞などで取り上げられるニュースを見ていると、時折、すでに南富士が取り組んでいる事業であることに気付かされます。それは、まず人(人財)であり、中国(アジア)展開であり、デジタル化・グリーン化、ひきこもり、職人不足。日頃、目の前の仕事だけに追われていると、南富士が外部からの評価が非常に高いことや、時代の先端を行っていることに気づけずにいます。本日再確認出来た『南富士の強み』を活かすためにも、この情報を営業所の社員と共有し自覚と行動によって成果を上げていきます。埼玉では、職人を強化します。同時に社員も強化します。
今年は間違いなく仕事が減ると予想しております。その中でも、南富士は常に仕事があり、職人さんや取引先からの信用があり続けられるように、強い営業所にしていきます。 ルーフマイスターの学校やバースデー作戦、施工マニュアル等、新しい仕掛けをいつもありがとうございます。すごく楽しみです。
来年度、埼玉エリアにも新入社員を入れていただけるように、若手社員が成長できる職場環境を作って行きますので、引き継ぎご指導をよろしく お願い申し上げます。
本日は、誠にありがとうございました。 埼玉 K


2022-12-28

M-net 2022-12-28

コロナ、ウクライナ等で様々な課題が発生する中、一年間ご苦労様でした。
こんな状況下でも、南富士の業績は皆様の努力によって順調に推移しております。
ありがとうございます。

 湘南営業所 新規OPEN 

本業強化の一環として、新たに神奈川県海老名市に、屋根工事の湘南営業所が12月19日にOPENした。 所長代理のI君は今年の4月に入社した新入社員である。
新入社員で所長?多くの人が、信じられない…。
しかしI君は、営業所方針として 
Ⓐ将来目標 Ⓑ一年後目標月70棟体制 Ⓒ直近目標2000万円の売上 Ⓓ営業所方針として【南富士に屋根工事をお願いしたい】お金だけでなく信頼関係を築き、湘南営業所だけでなく神奈川エリア、事業部としての発注を計る。


IT化や効率化を図りながらも、現場を大切にし、神奈川県西部に「種」を蒔き、その噂が風にのって実るように努力したい。
この【種】が新規職人や工務店の耳に入り、新しい出会いが始まるように努力し挑戦したい…。 熱い力強いオープン式であった。

 新任所長代理。都心/E君 

もう一人、今年4月の潜在能力採用のE君が12月19日、都心営業所の所長代理となった。自分にも部下にも厳しいM前所長の下で、今年の5月から昼夜を問わず奮闘してくれた。
新しい方針や来期の目標3500万円、人と数字を育てて、得意先、職人、社員に「誠意、熱意で良縁づくり」を目指すとの事。若くエネルギッシュなE君に期待している。
若い人や可能性ある人にチャンスを与えられる南富士であり続けたい。

 中国の現状 

社長がコロナ禍3年ぶりの訪中で、見た、感じた生の中国。
まず企業も個人も二極化が進んでいる。成長している企業と衰退している企業、富ある者と貧しい者。その差は現地化(核になる人材)と変化対応力(柔軟性)である。
特に ①デジタル(Green)化 ②スピード感(柔軟性) ③巨大マーケット
 
①デジタル(Green)化
・EV…中国に150社のメーカー。V2G(Vehicle to Grid)技術
・公衆号…BtoC向けだけでなくBtoB。つまり情報発信して物を売りN.W化を計る
・交通対策…タクシーCall、ルート、値段、決済など全てを携帯アプリで行う

②スピード感(柔軟性)
・建設…50億円規模の大型プロジェクトも。設計~施工~完工まで5ヶ月
・自動運転…中国各地の一般道路で自動運転開始(レベル4)。メーカー10社で2500台稼働
・コロナ対策…わずか1ヶ月でゼロコロナからWithコロナに一遍。感染も百→億単位へ

③巨大マーケット
・戸建住宅…福建省の5階建住宅。夫婦2人。外壁だけで4000㎡
・職業学校…深圳の中国最大の職業学校450万㎡(ドーム100個分、山、湖あり)。学生3.2万人
・6次産業…1×2×3=6次産業(稲作。最先端設備、ホテル)。上海郊外400万㎡。



2022-12-16

M-net 2022-12-18


 見れば、分かる 

某社より依頼を受けて、2つの事業所訪問をした。
A事業は倉庫も整理され、事務所も整然としていて事務所らしい。
一方B事業所は話にならないし、言葉も出ない、「あ然」である。
こんな事業所の中で仕事をしていたら、病気になってしまうし、コロナのリスクも高い…。 二つの事業所を見させて頂き、リーダー(事業所長)環境だと思った。
リーダーがどう思うか?優先順位は何か。仕事をする以前の問題である。
二つの事業所の差はリーダーの差である。もう1つが働く環境をどう作るか? 話を聞けば、B事業所長は多忙を理由に仕事優先で整理整頓は二の次である。
これでは部下も周りも不安であり、問題が起こってしまう…。
依頼を受けた社長に、仕事の前に人をつくらなければならない事、要は分かるかどうかでなく、行動(Do)するかどうかであると話をした。
整理整頓は倉庫や事務所だけでなく、頭の中、心の中、車の中全てである。
不要なモノや退去の遺物、成功体験などを捨てる事から始まる。
捨てればそこに新しい空間ができ、新しい芽が出てくる。捨てる勇気が求められる。
「他山の石」としたい。


 施工力(職人力)強化 

日本一の屋根工事会社「南富士」のポイントは施工力(職人力)の強化である。 
職人さん達と共に歩む1つとして、防寒服と、バースデイ(BD)作戦を1月より実施したい。社員、職人、ドライバーの皆様に、1月の誕生月より(今年は)BDケーキが届きます。ご期待ください。





2022-12-08

M-net 2022-12-08


 3年ぶりの中国 

社長が3年ぶりに中国に渡航した。8日間の隔離を経て、現地の生の情報をレポートしてくれた。また、12/1の役員情報交換会では、中国よりオンラインで参加してもらった。最先端会議である。
日本では社員が基盤事業を強化し、社長が中国で新しい事業展開を行っている。理想的な経営であると、改めて実感している。
≪社長レポートより≫
・抗議活動問題:
 日本の報道は中国リスク、マイナス面ばかり。
 現地はそれほど加熱していない。
 あくまでも一部(低所得者や遊び感覚の学生)。
 経済は普通に回っている。
・デジタル化:
 3年前より進化。中国への入国も全てアプリ・携帯連携。
 宅配(ウーバー中国版)の普及。
 飲食店は入店から退店までQR活用。


社長曰く、「政府の方と話をしたら、人口も多く医療体制も整わない中国で日本や欧米のやり方を研究しどうやって死者を減らし国民を守るかをよく考えてると感じた。現地に来て現地の話を聞き現地の状況を実際に見る事で本当に気づくことが多い。」と。
そして、コロナ禍3年も社長が行けない中、様々な対策をとり大きな問題もなく事業を継続してくれた中国社員に、改めて感謝を申し上げたい。

 PでなくDO 

何かをする時にP.D.C(Plan Do Check)というシステムがあるが、計画を立て行動し、チェックする事である。 しかし、どんなに立派な計画を立てても、どんな思いを持っていても、それだけではダメである。Do(行動、挑戦)しなければ何も生まれない。 行動すると必ず何かが生まれる。成功もあれば、失敗もある。 失敗したらそこで学べばいい。実践から学ぶ事は非常に多く、私の人生も実践と、学びの連続である。 大まかな計画(目標)をたて、「走りながら考える」人を育てたい。

2022-11-28

M-net 2022-11-28


 危機にリーダーの差が出る 

順調にいっている時は、誰がやっても大きな差が出ない。
しかし危機(ピンチ)の時は大きな差が出るし、場合によってはリーダー失格である。売上、利益、得意先、社員、職人、安全、健康など様々な課題があるが、危機に直面した時、リーダーの人間性が出てしまう。
つまり、日常が表に出てくる。
① 自分の事しか考えられなくなってしまう人。
② ピンチでも従来と同じ方法で頑張る人。
③ 立ち止まって、今何が大切か、優先順位をつけ相談できる仲間がいる人。
④ 危機こそチャンスととらえ、発想を変えて挑戦する人。  など…
大変な時、苦しい時こそ次への飛躍の場でもある。 課題や問題提起を整理し、何が問題か?今、自分に出来る事は何かを考えて、思い切って挑戦すると、新しい道が拓けてくる。リーダーの役割は、危機(ピンチ)の時どれだけ役立つかで決まってくる。

 社会活動家二人 

社会活動をしている二人の人とお会いした。
Aさんは幅広い社会活動をしながら、彼等を活用して事業経営も行っている。
広い視野を持ちマーケットインの発想を展開しながら、私と会話も弾んだ。
そして、南富士さんに出口(教育してから就職する場)企業として、日本でもっと若者にチャンスを与えて下さい…と。
Bさんは社会活動が専門で、話が細かく広がりが全くない。
データ、資料を多く出して専門的分析の話が中心であり、話のキャッチボールが全然出来ない。深堀り(専門性)だけでは視野が狭くなっていく事を実感。
一つだけ興味のあるデータを見せてくれた。
神奈川県座間市(人口11万4千人)の事例である。
生産年齢人口(15~64才)のうち完全失業者2,200人、通学も家事もしていない人1,700人。そして派遣やパートアルバイトを含めると22,500人となり、生産年齢人口の19.7%が新たな職場を求めている…。

 自分で考えて動く人 

今、社内で上から指示されて動くでなく、己から気づき考えて行動する人が増えている。新入社員でも、幹部も、海外の社員も…。新入社員は取引先や職人さん達とのコミュニケーションによって磨かれていく。顔を見ると笑顔が多くなり、すぐにわかる。幹部は大きな方向を示すと具体策が言われなくても即日出てくる。
海外社員も仕事の増減を感じ、休日でも業務を行ってくれる。
人を育てて来て良かったと実感する事が多くなり、嬉しい限りである。
一人でも多くの社員がそうなる事を期待している。